2017年10月11日水曜日

『週刊大衆』の麻美ゆまさんのコーナーに登場します。

わたくし、下関マグロがときどき、妄想コメントさせていただいている『週刊大衆』さんの「麻美ゆまのあなたに会いたい!」に町中華好きのおっさんとして登場させていただきました。
麻美さんの子供のころの町中華体験など、楽しくお話しできました。そして、麻美さん、健啖家でした。


対談場所は町中華探検隊ではおなじみの下北沢の「丸長」さん。


焼肉(生姜焼き) 


アジフライ


餃子 

それにしても、餃子のタレって、十人十色ですね。
麻美さんは、お酢に胡椒、ラー油を一滴の左上。
わたくしは、酢にラー油、少量の醤油の右下です。


広東麺、初めて食べたかも。
かなりの具だくさん。


掲載は10月の終わりぐらいを予定しているそうです。
そして、なんと麻美さん、町中華探検隊に入隊されました。
これまたビックリ。

■中華丸長
東京都世田谷区代沢5-6-1
11:00~15:30 17:00~20:00
定休日:水曜日





2017年9月29日金曜日

定食といいながら、丼のホイコーロー定食

前から気になっていたこちらのお店。


えぞ松 本店さん。近隣のサラリーマンで一いっぱいです。看板に「ラーメン ホイコーロー」とあります。メニューにはサッポロラーメンというジャンルセットというジャンルお食事というジャンルがあります。お食事の最初がホイコーロー定食。






定食といいながら、
ご飯の上にホイコーローがのっている。





味噌汁が付いてきます。












■えぞ松 本店
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4丁目4−6 SJビル 1F
無休

2017年9月26日火曜日

両国の「中華洋食食堂 あゆた 」で「五目あんかけ焼きそば」をいただく

先日「大宣」さんへ行った帰り、家まで歩こうと清澄通りを北へ歩くと、「中華洋食食堂 あゆた 」の前を通った。前回の両国MCTで北尾トロがオムライスを食べた店だ。

あれっ、ここって、以前は違う名前の町中華じゃなかったっけ。入ったことはないけれど、なんだか年季の入った外観は覚えている。

たしか同じ場所だと思うのだけれど、、、
というわけで、たしかめるべく、行ってみた。



 おしゃれな外観。

 メニューなんかもいいかんじ。


 迷った末に五目「あんかけ焼きそば」700円。




ビジュアルからして、昔風。
味も懐かしい系だ。
途中でお酢をかけたのだけれど、
これが実に合う。
ご主人らしき方に、以前ここは別の名前の店があったのではないかと聞けば、
「萬満亭」という店だったそうだ。
二代目になって、お店の名前を変え、改装をしたそうだ。
それが2年ほど前だそうだ。
ああ、だから覚えているのだ。
メニューや味はほとんど変えていないとか。
「自分の代で増やしたのは、牛すじとかですかね」
ほっほう。また来なくちゃ。


130-0011 
東京都墨田区石原1丁目36−2


2017年9月8日金曜日

幸楽さんでカレーライス

前回、冷やし中華を食べようとうやってきたのがこちら、幸楽さん。

高らかに冷やし中華をコール。
バイトの女性が「冷やし中華、終わっちゃったんですよ」
がーん。もっと早く来ればよかった。


考えに考えて、カレーライス。


これがなかなかうまかった。

今度こそ冷やし中華を!

■幸楽
111-0056 
東京都台東区小島2丁目1−3
11:00~15:00
17:00~20:00
定休日:土日祝日

2017年8月25日金曜日

再び老夫婦が営業する東長崎の「新京」さんへ

もう閉めてしまったけれど、赤羽に「赤羽餃子センター」という町中華があった。
老夫婦でやっていて、エアコンのない店だった。
というわけで、今回は、エアコンのない店、
「新京」へ行ってみよう。2度目の訪問だ。


最寄り駅は東長崎なんだけど、
江古田駅から歩いてみた。


江古田銀座!


歩いて10分くらい。
見えてきました。新京さん。


14時ちょうどくらい。


暑い日だけど、エアコンなんかはないです。
扇風機がまわっているだけ。


客はいなくて、老夫婦がまかないの冷やし中華を食べようかというタイミング。
思わず、冷やし中華をコール。


麺を茹でるのは、奥さん。
旦那さんは卵を焼く。
具材を切る。
焼きあがった卵焼きをうちわであおぐ。
最後に奥さん、冷蔵庫から皿を出す。
そこへ旦那さんが盛り付ける。

価格は600円。
ラーメンが300円で、カレーライスが500円の店だから、
冷やし中華は少し高めだが、
町中華界では安めといえるだろう。

■新京
〒176-0005 東京都練馬区旭丘1丁目5−6
営業時間 11:00~21:00
定休日:火曜日

2017年8月22日火曜日

幸楽(新御徒町駅)で「しょうが焼き」

暑い夏の日、こんな日こそ、エアコンのない町中華へ行こうと思った。家から歩いて台東区小島の「幸楽」さんへ。
暑い。。。。
カウンターの入り口に近い席が空いていたので、着席。
それにしても、暑いのにラーメンとか食べている人もいる。
「しょうが焼き定食」750円を注文。
あっという間に出来上がる。
うわぁ、量、多いな。


意外と薄味。ほとんど食べ終わる頃に気がついたんだけど、卓上の木のフォルダにマヨネーズが入っている。ああ、あれをかければよかった。たぶん、ちょうどいいかんじ。

テーブル席でバイトの女性と男性がまかないを食べはじめた。女性は冷やし中華にマヨネーズをかけて食べている。うまそー。今度は絶対に冷やし中華にするぞ。

■幸楽
111-0056 
東京都台東区小島2丁目1−3
11:00~15:00
17:00~20:00
定休日:土日祝日


2017年8月18日金曜日

方南町の宝楽は階段家族的なお店。

夏休み最終日、たまには違ったところに行こうと方南町に。
なぜ方南町を選んだかというと、「食の軍師」の最新刊(6巻)に紹介されていたから。この巻は大衆食堂がテーマなので、町中華も結構、登場しています。

駅を出て環七を南下。
頼むから営業していてくれよ。
おーー!!暖簾が見えたやってた。良かった。


















お店に到着したのが13時過ぎだったので、先客はビールを飲んでいるおねえさん1名。
で、なんで階段家族的なお店かと言うと、調理場が半地下、客席が1階と中2階にあるから。
つっても「欽ちゃんのOh!階段家族!!」なんて誰も覚えていないか。

で、その半地下の調理場にいるお母さんに中々、声が届かなくて入店に気づいてもらえるまで時間がかかりました(汗)。

やっと、気づいていただき、1階でも2階でもどうぞと言われたので、入口が目の前の1階は避け、中2階のテーブルに。
ご高齢のお母さんを何度も階段往復させることになって申し訳なかったけど。

















(この窓の部分が中二階の客席)


まずは瓶ビール(中瓶)を。
お!グラスが冷やしてある。


















ビールを持ってきて頂いた瞬間に、肉野菜炒め単品を注文。
なるべく往復の回数を減らさないと。
肉野菜炒めは奇麗に盛り付けられていて塩味でした。


















後から来たおねえさん二人組も当然のようにビールをやっています。

さて、締めはどうしよう?
いつもなら中瓶2本行くところですが、体調悪いのと雰囲気に圧されて1本でやめる決意を。

他のお客さんのところにビールを持ってきた瞬間に、カツカレー(750円)を注文。

カツカレーを待つ間、トイレに行ったところ、ドアを開けて左側がトイレのドア、右側は住宅部分と思われるエリアへの階段になってました。

さて出てきたカツカレー、ご飯の上に千切りキャベツ、レタスが少々かけられ、小ぶりのカツ、そしてインドカレーとは違ったベクトルのシャバシャバ系のソースがかかってます。福神漬けが嬉しい。

やや、薄目には感じたけど美味しかったです。



















お会計1,900円。
カツカレーが750円だから、中瓶550円、肉野菜炒め600円ってところかな?

内部の写真を撮る勇気は無かったので、内観は食べログでも見てください。




                   








(環七を横断した向かい側から)




                        











(横から)





                                   以 上