2018年1月15日月曜日

散歩の達人 1月号「みんなの町中華」特集号、好評発売中!!

町中華探検隊さん(@machichuuka)がシェアした投稿 -

ご案内が遅くなりまして、たいへん恐縮です。探検隊による連載「町中華探検隊がゆく!」を連載中の、散歩の達人 1月号では、第1特集『みんなの町中華』を掲載!!
連載メンバー 隊長・北尾トロ、副長・下関マグロ、そして増山かおり、半澤則吉と、山出高士カメラマンをはじめ、多数執筆陣で、これでもか!というほどの町中華情報をお届けしています! 
さらに、特集もあるのに!連載ページも通常営業!北尾トロの担当回で、中野坂上のミッキー飯店を訪ねました。
 
2017年は探検隊としての本が出せませんでしたが(いろいろ動いてはいたのですが…)、年末に来て散達 第1特集をゲットすることができました!書店での発売は、1/19(金)まで。保存版町中華情報として、ぜひお買い求めください!!

※1/20以降も、書店取り寄せ、通販などでお求め頂けます(1冊700円)。
・書店で取り寄せの場合
「交通新聞社の散歩の達人 2018年1月号」と、ご指定ください。
・通販でお求めの場合
交通新聞社(別途メール便送料 150円)
amazon
・電子書籍
iPhone 散歩の達人アプリ (AppStoreへのリンクです)
※アプリは無料、アプリ内で1冊購入(720円)、または定期購読を選べます
Kindle (1月号の購入ページへのリンクです)
交通新聞社の電子書籍扱いストア一覧

2018年1月8日月曜日

野菜サラダ定食@ゑちごや

無類のサラダ定食好きな僕なのですが、なかなか出会うことがない。
それが灯台元暗しというか、本郷三丁目の菊坂にある「ゑちごや」さんにあった。『散歩の達人』で取材したときも、普通に何度かうかがったときも、まったく気がつかなかった。
気がついたのは、CS朝日さんのぶらぶら町中華での収録のとき。

もちろん注文してみたけれど、1人で食べたわけではないし、写真も撮れなかったので、今回、改めて食べてみることにした。


サラダだけじゃなくて、しらすおろしなんかもついている。


サラダ部分はこんなかんじ。


なかなかおいしい!


■ゑちごや
〒113-0033 東京都文京区本郷4丁目28−9
10時30分~17時
不定休


2017年12月31日日曜日

町中華探検隊 活動実績(18.1.15更新)

※随時更新中

●月刊誌 散歩の達人「町中華探検隊がゆく!」
(2015年9月号~連載中 北尾、下関、半澤、増山、山出)
※18年1月号(17.12.21売り)は、第1特集『みんなの町中華』
連載陣の5名が大活躍の70ページ超です!

●本「町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう」
(立東舎=リットーミュージック=2016.8.19発売 北尾、下関、竜)
http://rittorsha.jp/items/15317440.html
(以下は関連取材、ウェブ記事など)
・町中華探検隊・北尾トロ隊長に聞く「ステキな町中華と出会う方法」【2016年隠れグルメ流行語】
https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/maguro/16-00383
・“昭和の味”が滅亡の危機!? 北尾トロ&下関マグロらが探る『町中華とはなんだ』
http://www.cyzo.com/2016/09/post_29497_entry.html
・「有吉ジャポン」で“町中華”が特集され大反響! 「床がぬるっとしてるとかすごいわかるwww」と“あるある”にも共感の声続々
https://ddnavi.com/news/339818/a/
・町中華探検隊と山田参助さん登場! ※ネットラジオ「ソラトニワ銀座松屋」に出演
https://harenohi.jp/radio/fa5cb25949a8
・書評の・ようなもの 町中華とはなんだ・その1 ※杉江松恋さんの書評サイト その4まであります
http://www.bookaholic.jp/post-2374/
・月刊レポTV 2016.8.17 発売日直前!『町中華とはなんだ』特集
https://youtu.be/TRhU5Zo4Voc
・発売記念イベント「町中華について語ろう」
(下北沢 本屋B&B 2016.8.19 北尾、下関、竜)

●テレビ取材「グッド!モーニング」まとめショー
(テレビ朝日 2016.2.4・3.3・11.3 北尾、増山、あきやま、濱津)

●散歩の達人20周年記念スペシャルイベント「町中華探検隊の神保町町中華講座」
(神保町・神田すずらん通り商店街 2016.5.28)

●イベント「トロとマグロの町中華新年会 feat.久住昌之」
(阿佐ヶ谷ロフトA 2017.1.17 北尾、下関、増山、あきやま、濱津)

●テレビ「ぶらぶら町中華」
(CSテレ朝チャンネル 2017.3.19・26 全4回各30分 随時再放送 北尾、下関)
http://www.tv-asahi.co.jp/ch/contents/info/0061/
http://machichuuka.blogspot.jp/2017/03/0319bura.html
http://machichuuka.blogspot.jp/2017/03/0326bura.html

●週刊誌 サンデー毎日「日本人よ、今こそ町中華に行こう」
(毎日新聞社 2017.3.10号=2.21売= 北尾、下関)

●ウェブ連載「夕陽に赤い町中華」
http://shueisha-int.co.jp/machichuuka/
(集英社インターナショナル 2017.8.7~第1・3月曜掲載 北尾)

●現代ビジネス「時々無性に食べたくなる「町の中華食堂」が絶滅の危機! 消えゆく昭和の味、楽しむなら今だ」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50587 (2017.1.3 北尾)


※マグロ副長出演、取材ものなど
TBSテレビ「有吉ジャポン」
(2016.12.9、2017.1.13)

テレビ神奈川「サタミンエイト」
(2017.3.11)

読売テレビ「ワケあり!!レッドゾーン」
(2017.4.22読売テレビ・4.27日本テレビ)

下関マグロ推薦!町中華の脇役メニュー
https://retty.news/series/31/
(2017.2~ 全5本)

門前仲町「三幸苑」で町中華史上、前代未聞の“事件”が起きている【えっ寿司!?】
https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/maguro/17-00010
(2017.3.10)

Yahooライフスタイルマガジン「下関マグロさん率いる町中華探検隊に弟子入り志願してみたの巻」
https://lifemagazine.yahoo.co.jp/articles/5507
(2017.6.21)

週刊大衆「麻美ゆまのあなたに会いたい」
https://taishu.jp/detail/30240/
(2017.11.13号=10/30売り=)
https://taishu.jp/detail/30321/
(11/20号=11/6売り=)

この他にもマグロ副長が個人で作った、NAVERまとめなどもあります。

※町中華探検隊への取材、問い合わせは…
mct@amfm.jp 050-5867-5847
町中華探検隊 広報・吉岡まで
(各隊員への連絡先がわかる方は、直接で構いません)

2017年12月6日水曜日

野菜ソバ@あづま(高円寺)


高円寺のあづまさんには、中華そばメニューが、3種類あります。


餅入りソバ、中華ソバはいただいたので、
今回は野菜ソバ 550円。


これでコンプリート。

〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3丁目2−14
あづま

  • TEL:03-3339-0583
  • 営業時間:11:30-20:30
  • 定休日:月曜日


2017年11月27日月曜日

雷門の生駒軒でチャンポンをいただく

はい、こちらが雷門の生駒軒さんです。
昭和な店舗ファッサードですね。


焼肉ライス推しです。



丸椅子の上にセットされたカバーが素敵。





チャンポンを注文してみました。

生駒軒
〒111-0034 東京都台東区雷門1丁目12−1
11:30~16:00
17:00~20:30
定休日:水曜日


2017年11月21日火曜日

両国の「あゆた」でオムライスをいただく

「中華洋食食堂 あゆた」という看板がなんとも今風。


のれんがいいね。


写真で紹介するほど、ふわトロオムライスが一推し。


普通のオムライスがあるので、そっちにしてみた。


サラダとスープがついてきます。
分厚い堅焼き卵。


チキンライスがめちゃうまです。


 ■あゆた
〒130-0011 東京都墨田区石原1丁目36−2
[月~土]
11:00~15:00
17:00~21:00
定休日:日・祝

2017年11月20日月曜日

雷門の生駒軒で広東メンをいただく

今年の2月に店を閉めた味乃一番さんはまだ看板などは残っている。
こちらが、生駒軒さん。


メニューはこちら。


広東メンにしましょうかね。


旨い。オヤジさんと話が盛り上がり、コーヒーまで出していただき、
そのまままお会計を忘れて、出てしまった。

火事を出したあづまさん。


店主の貼紙。


お客さんの応援メッセージ。


東洋館から、ひさご通り。


そこで、支払いをしていないことに気づいて、
生駒軒に戻る。
ご夫婦とも逆に驚いてらっしゃって、
ご主人が「どこまでいったの。いいのに」
とおっしゃる。
680円を支払って。ホッ。

生駒軒
〒111-0034 東京都台東区雷門1丁目12−1
11:30~16:00
17:00~20:30
定休日:水曜日