2015年3月29日日曜日

ふくきや@荻窪

ふくきや@荻窪

『散歩の達人』の取材で数日前、北尾トロ、増山かおりとともに訪れたのだが、
ライター3人でおじゃましたので、自分が聞きたいことをほとんど聞いていなかった。
まあ、あとの2人が書くのだろうとタカをくくっていたら、なんと自分が担当になってしまったので、
取材を兼ねて訪問。

日曜日のお昼。
先日、取材で肉ラーメンをいただいたので、今日は醤油ラーメン。
ふくきやメニュー

『ふくきやラーメン(とんこつ醤油)』にしようかと思ったが、
肉ラーメンのスープと同じだというので、醤油ラーメンにした。
で、これ。

醤油ラーメン@ふくきや
チャーシューが、ドーン!
このチャーシューがまたうまい。
で、麺はこんなかんじ。
醤油ラーメン@ふくきや
旨い。取材しながらいただいた。

現在の「ふくきや」になってからは5年目。
以前は父親がこの場所で「中華料理 五十番」をやっていたのだそう。

今のご主人は、和食の板前、池袋の無敵家で働いていたこともあるそうだ。

最初は自分1人だったけれど、近隣のお客さんがやってくる。

お礼をいい、レジ横の名刺を頂いた。
ふくきや

ふくきや




2015年3月25日水曜日

『散歩の達人』の取材で『ふくきや』@西荻窪

町中華探検隊は西荻窪の『ふくきや』さんを取材した。
2015年5月号の『散歩の達人』<西荻窪、荻窪特集>のためだ。

お店のメニューはこんなかんじ。




これが噂の「肉ラーメン」1000円。
すごい迫力だね。


4種類の肉が入っている。
牛と鳥、そして豚がチャースーと普通に焼いたもの。


あと、増山さんが食べているのが豚の生姜焼き。


漫画は『鬼平犯科帳』と『COBRA』



刺身もあるよ。 


厨房で、山出カメラマン撮影中。


この特集では西荻窪、荻窪でそれぞれ、3軒、合計で6軒を取材。
そのうち2軒をトロ、マグロ、増山それぞれが書く予定だ。



■ふくきや
〒167-0042 東京都杉並区西荻北4丁目13−15

2015年3月18日水曜日

味の幸楽@新御徒町 半チャーハンとラーメンセット

以前からずっと気になっていた「味の幸楽」さん。
たたずまいからして、なかなか魅力的。
幸楽@新御徒町























看板がいい味出してるねぇ。コカコーラのもあるけど、
ペプシも看板を提供していたんだね。

ここのユニークな点は冷蔵庫が外にあること。
DSC04213


















ちゃんとここから材料出して作っているのを目撃したことがあって、
以来、気になっている。

訪問したのはお昼すぎ。
いつもは遠巻きにしか見ていなかったけれど、
近づいて店内を見ると、ほぼ満席。清潔だし、常連客との会話も盛り上がっている。
高齢のご夫婦+女性の3名で切り盛りなさっている。

メニューは豊富。短冊になった紙が張られている。
初訪問なので、なににするか迷ったけれど、
メニューの最初にある 「半チャーハンとラーメンセット750円」にする。

すぐに出てきた。
これは間違いないかんじ。
半チャーハンとラーメンセット
























ごくノーマルなラーメン。
自家製麺なのか、平縮れ麺。

ラーメン@幸楽
























かなりの実力派だ。

チャーハン@幸楽
コメがパラパラでなかなかうまかった。
あとから来た客が「半ナシゴレンとラーメンのセット」を注文していた。
珍しいね、町中華で。
今度は、ナシゴレンを食べてみよう。





2015年3月8日日曜日

幸来@稲荷町 日替わりサービスランチ

幸来さんは、ほぼ毎日、店を開けている。
休むのは日曜日の夜の部くらい。
で、日曜日のお昼にうかがった。

日曜日は、手書きのメニューがサンプルケースに入っているのだ。


本物はこれ。なにげに幸来さんのカレーライスは好きだ。昔懐かしい、それでいて、ここでしか味わえない個性的な味。