2015年5月28日木曜日

正来軒@武蔵小山 正来軒丼など

今回、町中華探検隊は都内有数の中密地帯と呼ばれる武蔵小山へ乗り込んだ。
2015年5月28日12時にスタート。
参加隊員は北尾トロ隊長、マグロ隊員、半澤隊員。

800mの巨大アーケードで有名なパルム商店街には目もくれず、
いっぽん外れた路地から探索を開始。

まずは 駅近の店「山福」。申し分のないたたずまいと『食事の店』という冠が素敵。
しかしお休み。残念。
yama
近くの「餃子の
珉珉」も素通り。
数分圏内に発見したは「平和軒」。マグロ隊員の調べによると
先日チェックした五反田平和軒二代目の弟さん夫婦のお店らしい。看板の力強さが魅力的です。heiwa
町中華も多いが界隈にはラーメン屋さんも散見された。さすが中密。
taisyouken
genkotu
小山台小学校の方まで歩くと雰囲気たっぷりの店を発見!
ちょうどお母さんが出前から帰ってきたところで、彼女が駆け込んでいったお勝手口もいい感じ
ushiro


正面には柔道家吉田秀彦の写真が貼られている。
お献立は読み応えがあるほど豊富で、なによりその安さに驚愕。
ラーメンは350円と、ちょっと心配になるくらいに安い!
『地域の皆様に味でご奉仕する店』という味のあるキャッチコピーが光る。
yoshida
駅の方に戻ると圧倒的な存在感を放つ店を発見。
町中華なのに赤は使わず、茶と黄色という一見カレー屋を思わせるような外観。その名も「自慢亭」。

jiman2


ラーメンは700円。正来軒の倍額と、セレブ中華ともいうべき価格は店内の美しさにも反映されており、白木のカウンターは寿司屋さながら。

1本、道を反れるとまたまた個性的な店が。「明星」である。
myoujo

藍色の渋い暖簾に白文字。めちゃくちゃにかっこう良い。

パルム商店街に入るとチェーン店ばかり。チャイナ系もいくつかあった。
店舗数250というからこの通りに存在しない大手チェーン店はないんじゃないか。ゆえに町中華は見当たらず。
通り脇に以下2店舗があったくらいだった。

toki
ネットの情報によると、この店の先代は銀座アスター出身の実力派とのこと「中華料理 とき」。

ajikane
焼カレー&ステーキなどのメニューも魅力的な「味かね食堂」はアーケードの先っぽに。

「町中華と猫が多い街はいい街だ」
書名にしたいくらいのトロ隊員が名言が飛び出した今回。
個性派が多く迷いに迷ったのだけど
結局、「正来軒」に行くことにした。

seiraiken


まずはラーメン(350円)
ra-men
茹で過ぎた麺を後乗せしてくれたのでちょい大盛り状態。残った麺を冷やし中華のタレをかけ、親父は厨房にしゃがみ短時間で昼ご飯を摂るという曲芸もみられた。
ラーメンの味はシンプルな醤油でほうれん草とメンマ、チャーシューにネギのトッピングの正統派だった。
これで350円とはかなり満足度高い。
3人で2枚頼んでしまったギョウザ(300円)。
gyouza
デカイ。
キャベツがドッサリ入っていて歯ごたえもよかった。


そしてかたやき(530円)手前、正来軒丼(530円)奥
seiraidon
豚バラと野菜類をピリ辛のアンで包んだ2品。これをラーメンにのっけると正来軒ラーメンになる。
親父さんの意向もありw、2品同時に作れるということで注文したのだが
意外や意外、かたやきそばと米、敷いているものが異なると、まったく違う食べ物になるから面白い。
アンの味が濃いので個人的には正来軒丼の方が好みかなあ。
ニンニク、コチュジャンという味の決め手の瓶を堂々カウンター上に置いておく(証拠写真は下に添付)
余裕はさすが! これぞ創業35年、老舗の看板メニューであった。

続いて冷やし中華(600円)
hiyasi
冷やし中華にしてはかなり安い価格にも関わらず具が豪華。
卵、キュウリは細切りというよりはかなり分厚い印象、加えて、ハム、紅ショウガとお決まりのアイテム。
珍しいのは鶏チャーシュー。ジューシーで美味しく、爽やかなスープともよく合った。

近くに高校もあるし、激安価格であることから学生客が多いと思いきやそうでもないらしい正来軒。
親父さんいわく「先輩が後輩を連れてこないから」。その代わり明大柔道部時代からの客である吉田秀彦氏(前出)や、近隣住民、勤め人には
多くのファンを抱えているようで
店内は13時過ぎというのに満員の賑わいを見せていた。
しかもこの店、出前を行っているという希有なお店。途中から親父さんがバイクのヘルメットをおもむろに被り、中華鍋を振りだしたのは本当に驚いた。「写真を撮ればよかった」とマグロ隊員と半澤は後悔。親父留守時にはお母さんがガツガツ料理を作っていたから、2人ともすべてのメニューを作れるのだろう。それにしても気になるのは出前のシフト。

また、面白いのが一品メニューの数々。飲み屋としても機能していることがうかがえる豊富なメニュー。
ひと言目で冷や奴を頼んでいる客もいたし、常連には常連の楽しみ方があるみたい。僕はラーメンとほぼ同価格のフランクが気になってしょうがない。
menu
それにしても、来る客来る客が「ショウライケン」と言って親父さんが「セイライケン」と言い直しているのが微笑ましかった。「正」は親父さんの名前から取られた文字だし、店名を冠した料理も人気というのに正式な呼び名がイマイチ定着していないのが愛おしく、逆にこの店が歩んできた35年が重たいものに思えてくる。


パルム商店街の店でコーヒータイム。
コーヒーを飲みながらも正来軒の親父さんが発する口ぐせ「バッチリでしょ」という言葉を反芻してしまった。
一度では
とても語り尽くせぬ武蔵小山の再訪を約束し、今回の探検は終了。僕はワンモア正来軒もありと思いますよ。
syuuryou
正来軒
東京都目黒区目黒本町3丁目1-3

11:00~15:00、17:00~22:15
※ 月曜日は夜の部休み

文:半澤則吉



 



2015年5月19日火曜日

平和軒@大崎 ラーメンなど

今回の町中華探検隊は五反田駅に集合。
2015年5月19日12時にスタート。
参加隊員は北尾トロ隊長、マグロ隊員、増山隊員、半澤隊員。

五反田には五反田という住所はない。
あるのは東五反田と西五反田だ。
まずは東を攻めよう。

梅林@五反田


五反田駅東口から歩いて「梅林(めいりん)」。こちらは町中華だけれど、
とにかくソース焼きそばが有名。
やきそば好きならぜひ訪れたい店。
が、めぼしい町中華は東ではこの「梅林」だけだ。

西口へ移動。西五反田。

平和軒@五反田

 TOC近くにある平和軒。いい店構えのお店。
自家製麺でやさしい味の中華を出す店だそうだ。
カツ丼もあるようで、ネットの画像を見る限り、うまそうだ。
オリジナルの暖簾も素敵だね。

すぐそばのTOCへ。

志野@五反田

TOCの地下にある町中華。メニュー豊富でおいしそうだ。
名物はニクシチ。豚肉を炒め七味をからめた料理だそうだ。

そして、かなり歩いた。

動画がうまく回っていなかったけれど、もう一軒の平和軒。
大崎警察署の道から、路地に入ったところ。
大崎駅のほうが近い。

町中華マニアの間ではとてもとても有名なお店。

平和軒@大崎


創業から50年くらい。さきほどの平和軒と関係は多いにある。

というか、平和軒は本一冊くらいになるほど深い歴史がある。

まず、もともとは昭和2年、兄弟が五反田東興ホテルあたりで屋台引くことで平和軒の歴史がスタート。

こちら大崎のお店はその兄の流れで、半世紀前にこの地で創業。
いまのご主人で3代目になる。

弟の流れが西五反田の平和軒。さらに、武蔵小山駅近くにも平和軒があり、
こちらは西五反田の二代目の弟さん夫婦がやっている。
祐天寺にも平和軒があり、これは創業者兄の娘さんらしい。

味も含めて、メニューの共通性など、ちょっと巡ってみたくなる。

暖簾をくぐると普通のテーブル席がある。満席だ。
奥に座敷があり、けっこう広い。
座敷へ。

メニュー@平和軒

470円とリーズナブルなお値段のラーメンは有名なメニュー。



スープは最初は甘さを感じる、やさしい醤油味。
鶏ガラベースで豚骨も匂う。

屋台風のラーメンではあるけれど、上品さも感じる。
特筆すべきはチャーシュー。脂身たっぷりで噛みごたえがある。

 ラーメン@平和軒 470円
「平和チャンポン 710円」というメニューもあった。
平和とついているということは、この店ならではということか。

 チャンポン@平和軒
長崎ちゃんぽんにかなり近いが、やはり平和風だ。
かなりうまい。麺はラーメンと同じ。

 レンゲ@平和軒
オリジナルのレンゲも素敵だ。
オムライス610円は絶品。
オムライス@平和軒よく炒められたケチャップライスがいい。

 平和軒


■平和軒

東京都品川区大崎3-1-16

11:00-15:00

17:00-20:00

定休日:日曜祝日



2015年5月18日月曜日

福寿@稲荷町 冷やしそば

田中食堂へ行こうと、店の前まで行くと、目の前で暖簾がしまわれた。
「終わりですか」と聞けば「はい。30分前にはラストーダーになります」とのこと。
時刻は13:30。

ならば、以前から行きたかった町中華「福寿」さんへ。
福寿@稲荷町
ノレンがないのがいまいちだけど、この旗がいい。
福寿@稲荷町

風に舞い、ひらひらしてる。

というわけで、店内へ。
テーブル席が一列、奥まで。
カウンター席はなし。
福寿@稲荷町 メニュー

ご夫婦と娘さんの3人でやっていらっしゃるようだ。

というわけで、「冷やし中華」をコール。
あれ、メニューには、「冷やしそば」というのがある。
先日、「幸来」のご主人が、中国人留学生に
「日本ではラーメンのことを“そば”と言うの」と言っていたのを思い出した。

福寿@稲荷町 メニュー

「あのぉ、冷やし中華とこの冷やしそばはいっしょですか?」と聞く。
当然のように「そーですよぉ」と言われる。
ちなみに、メニューの裏側は地図になっている。
福寿@稲荷町 メニュー
ここは、下谷神社の裏側。
道をきかれることも多いのかもしれない。
と、やってきました。冷やしそば。
福寿@稲荷町 冷やしそば

おいしい。錦糸卵に紅しょうがが泣ける。850円は少々お高めだけど、おいしい。
季節ものだから、少々お高くても仕方ないか。

と、あとからきたお客さん「冷やしそばください」と注文。
直後に、「大盛りにしてください」とおっしゃる。
見ていると、ものすごい盛りだ。
ここは盛りのいいお店かもしれない。

■福寿
台東区東上野3-5-10
定休日:土曜日、日曜日、祝日


2015年5月14日木曜日

味の幸楽@新御徒町 ナシゴレン

先日から気になっていた幸楽のナシゴレンを食べに行った。

幸楽@新御徒町
相変わらず活気のあるお店。近隣の方々で賑わっている。

幸楽@新御徒町

あ、ここにもチャンポンがある。
これは食べに来なくちゃ。
あと、冷たいラーメン10食限定らしい。
これも気になるね。
幸楽@新御徒町 メニュー
 この前は半チャーハンとラーメンのセットをいただいたが、今回は
ナシゴレン 650円を注文。

ナシゴレンといえば、今は割と知られている、インドネシアやマレーシアのチャーハン。
ビジュアルとしては揚げたお餅が添えられていたり、チャーハンの上に目玉焼きがのっていたり、
野菜などが添えられているのが一般的。
しかし、出てきたのはこちら。
幸楽@新御徒町 ナシゴレン
ちょっと赤が入ったチャーハン。
これがこちらのお店のナシゴレン。
開発秘話をうかがってみたい。
食べてみると、甘辛い感じは、ナシゴレンだ。
サンバルかケチャップマニスが入っているのかもしれない。
正直、よくわからない。いえるのは、初めて食べる味だということ。
悪くはない。いや、旨い。
あとから入ってきた、若いサラリーマンが「ハンナシ」と注文している。
あっという間に出てきたのは、半ナシゴレンとラーメンのセット750円。
それで、あー、そうそう、こちらのナシゴレン、ラーメンに合うかも。

 ■味の幸楽

台東区小島2-1-3



2015年5月12日火曜日

大宮飯店@西荻窪でチャンポン

荻窪と西荻窪の間くらいの線路沿い近くにある東蓬飯店さんへ行こうと思った。
以前、北尾トロが何度か行ったことがあると教えてくれた店。
教えてくれたのは3月11日水曜日でシャッターが閉まっていた。
きょうは火曜日だからやっているかなと、荻窪駅からアプローチ。

が、再びシャッターが閉まっていた。
東蓬飯店
やな予感。お店やめちゃったのかなぁ。

まあ、それじゃ、大宮飯店さんでも行って、チャンポンを食べよう。
以前、増山隊員の聞き込みにより、大宮飯店のご主人、
チャンポンを見たこともないのに、
自分の想像だけで、作ったという話を聞き、
ぜひ食べたいと思っていたのだ。

平和通りから東銀座通りへ。通りの名前が神明通りになった、郵便局の先に大宮飯店がある。
2時半到着。おお、やってた。

大宮飯店@西荻窪
冷やし中華の文字が素敵。

小走りでやってきたので、少々汗をかいているので魅惑的だ。

が、ここは初志貫徹で「チャンポンください」とお願いする。

メニュー名は「ちゃんぽん」とひらがな表記。750円だ。





















増山隊員から話を聞いて、食べたくなったのでと告げると、
ふん、ふんと頷くご主人。
カチャカチャと卵をといている音がしてるぞ。
本場の長崎チャンポンではありえない。

で、あっという間に出てきたのが、こちら。
チャンポン@大宮飯店

えっと、こちらでのメニュー名は「チャンポン」だけど、
いわゆる長崎ちゃんぽんではない。
スープを飲んでも明らかに違う。
スープというよりもあんかけなのね、これ。
キャベツ、もやし、人参、筍、なると、豚肉など盛りだくさんのあんかけ。
溶き卵もはいっている。
醤油と塩の味がする。塩分高めだ。
椅子に座ったご主人に「一般的なチャンポンとは違いますね」と言い、
「でもおいしい。ここでしか食べられない味ですね」と言うと、
ご主人はうれしそうに笑った。
「ラーメンやタンメンばかりじゃなくて新しいメニューを作ろうと思って考えたんだよ」
とおっしゃる。それで、わかった、なるほど。
タンメンの野菜部分をあんかけにして、卵で閉じた醤油+塩味か、そんなオリジナルのメニューを作り、
まあ、いろいろ入っているから「チャンポン」という名前をつけたのだろう。

「出前やっているころは、ある家はもうチャンポンしか頼まないってのがあったんだから」
とご主人。ってことは、家族全員がチャンポン?
「そうそう、4つも5つもチャンポン」とうれしそうに話す。
ひょっとしたら、その家の人は、これがチャンポンだと思っていたのかも。

でも、そういうことはよくある。
先日行った、新御徒町の幸楽さんのメニューには
「ナシゴレン」があった。ネットでの情報を見ると、
名前はナシゴレンだけれど一般的なそれとは違うようだ。

また、早稲田にエルムというロメスパの店があるが、
ここで出すカルボナーラも、いわゆるカルボナーラとは違う。
スパゲティと卵とベーコンが炒められているだけだ。

こういう、一般的なメニュー名と少しずれている料理って、探せばもっとありそうだ。
企画になりそうな気もする。

「同じ名前だけど、ズレてるメニュー」
「ズレているけれどおいしいメニュー」
「ウチではこれがチャンポンです」

などいろいろタイトルを考えてみた・


それにしても、これは冬の食べ物だね。体が温まる。
つーか、もう汗だく。
おいしいけど、暑い。
水をがぶ飲みして、「また、きますね」と店をあとにした。
まだ、大宮飯店で食べたいメニューはたくさんある。



2015年5月6日水曜日

薫亭@東向島


日曜日のお昼時、たまたま前を通りかかって入店。

薫亭@東向島

赤いのれんに赤い看板。
「薫亭」とある。ルビが「かほる」とふられている。

先客4人。流行っているね。近所の人のようだ。

メニュー@薫亭
ビールに水餃子と普通の餃子を注文。
水餃子@薫亭

スープが美味しい。

想像通り、実力派だ。

焼き餃子

餃子そのものは水餃子と同じようだ。
焼いても美味しいが、水餃子のほうが合う。

チャーハン@薫亭
帰宅して、ネットで調べたら、
食べログにエントリーされてはいるが、
レビューがなかった。
素敵だ。


■薫亭(かほるてい)
墨田区東向島4-6-14