2015年8月7日金曜日

仙台や@渋谷

これまでさまざまな町でMCT活動を行ってきたけれど、
大きな街なのに、まったく手が付けられていない場所がいくつかある。

渋谷もそのひとつだ。

今回のオペレーションは、各自が店を提案し、その店を巡るというもの。
これは、前回の小岩で、半澤隊員と僕が推薦する店をそれぞれ出して、
比較検討するというのをやったのだが、これが意外にも楽しかったので、
今回もそうすることにした。

提案する店は一人、一軒。

渋谷は町中華は少ないけれど、まず思い浮かぶのは、
宇田川交番の隣にある「兆楽」だ。
たぶん、渋谷にあっていちばん町中華らしい店だ。
次に「かいどう」。こちらは中華メニューもある食堂というスタイルで、
町中華ではないかもしれない。
この2店舗は行ったことがある。

増山隊員が外観だけをレポートしていた「一番」もある。
こちらは、外観だけはチェックしていたが、まだ行っていないが、
いずれは行ってみたいと思っていた店だ。

そして、以前、増山隊員が推薦していた「仙台や」がある。
これは、僕もチェックしていた店だ。
埼京線のホームに沿った道の先にある。

この4店舗を少し下調べなどをして渋谷のハチ公前へ。
どの店にするかは、参加隊員の顔ぶれを見て決めよう。
MCT@ハチ公前


暑い。ギンギンギラギラの太陽。

というわけで、参加メンバーは、
半澤、竜、濱津に加えて、
初参加の中西。

まずいな、総勢5名だ。町中華的にはいい人数ではない。
なぜなら、町中華のテーブルはたいてい4人席だからだ。

そして、半澤隊員以外は、店をピックアップしていない。

で、半澤隊員が推す店は4店。
「兆楽」、「かいどう」、「一番」、そして「味の錦」。

「兆楽」はこの人数は無理だな。暑いので、あれこれ巡るのもアレだから、
「仙台や」はどうよ、と提案。
事前の調査では、盛りがいい店らしい。
竜隊員、中西隊員と大食いが2人も揃っているのだから、
ここにぜひ行きたい。

というわけで、ハチ公前から埼京線ホームの脇の道を行く。

渋谷駅

山手線が通り過ぎて行く。
山手線

足取りも軽くMCT

 というわけで、「仙台や」さん到着。
仙台や

赤い暖簾がいい。時代を感じるファサード。

 最初にやってきたのは中西隊員注文の「仙台めん」。辛めの味付けだ。
仙台めん

 大きなチャーシューがゴロゴロ入っている。なぜ、仙台めんなのかを店の人に聞けば、
「親のことだからわからない」とのこと。
たぶん、このお店は、仙台から上京された初代が営業されたのではないか。


味噌バターコーン
 DSC00021

味噌バターコーンもいい。
 どれも大きな器にたっぷり。
味はいいね。
「仙台めん」同様に独自のメニューが「中国丼」。
中華丼かと思ったら、中華丼というメニューは別にある。
中国丼

写真ではわかるずらいが、ごはんたっぷり、
あんかけがたっぷりで、丼というよりは、
リゾットというかんじ。

餃子
餃子は普通の1.5倍くらいはあるだろうか。
これ600円なんだけれど、食べてみるとお得感はある。
他のメニューもそんなかんじだ。
DSC00029

祭りじゃ

塩焼きそばもきた。
いろいろ
 祭りのあと。
DSC00050

「仙台や」さん。よかった。またきたいね。
今度は、カツカレーをシェアして食べてみたい。

■仙台や
東京都渋谷区鶯谷町1-3
日曜定休


追記:実は渋谷には老舗の「喜楽」がある。
ラーメン屋だと思っている人も多いかもしれないが、
1952年(昭和27年)創業のりっぱな町中華だ。
今度は少人数で「喜楽」を攻めたい。



0 件のコメント:

コメントを投稿