2015年12月29日火曜日

代々木駅西口まんまえの山水楼

代々木アタックではスルーしてしまった山水楼だが、
昨日、昇楽へ行った帰りに、この全景を見て、ハッとした。
そうそう、Facebookで町中華のレポートをしている八百谷匡夫さんも山水楼のことを書いていた。
以前行ったことがあるが、内容はうろ覚えなので、今年、もう一度行って起きたかった。

この日、半澤隊員と西口で待ち合わせ。

山水楼とJR代々木駅西口との距離感はこんなかんじだ。


全景はこんなかんじで、「中華風レストラン 山水楼」という赤い看板と緑色の看板がある。二階もあるんだ。



半澤君と二階に行きたいよね、と話していたのだが、
二階はOKだった。
しかも、窓際背の席が空いていてラッキー。


店の窓からJR代々木駅西口がよく見える。
半澤君は「五目うま煮麺」と注文。中国人なまりだろうか、
お店の女性は「八宝麺」ね。半澤君が一瞬ためらうが、メニューを再度見て納得。
メニューは漢字だけのものとそれを解説したかんじになっていて。

八宝麺-------五目うま煮そば-------¥880

というふうになっている。


お店によっては八宝麺、五目あんかけ麺、広東麺といろいろな呼び方がある。

八宝菜というメニューもあって、それがそのままかかったのが中華丼だったりする。

塩味のやさしい味。具だくさんだ。



よほどおいしいらくし、半澤くんはスープを全部飲み干していた。


そして、僕はチャーハン、揚げ餃子を注文。



ハムチャーハンなのかと思ったら、これが具だくさんでうまかった。


揚げ餃子には甘酢餡がかかっている。
どっしりした餃子だった。

うむ、実力派。ここももっとほかのメニューを食べたい。


■山水楼
東京都渋谷区代々木1-33-4


0 件のコメント:

コメントを投稿