2016年1月22日金曜日

天王@高円寺


高円寺「天王」。なかなかパンチのある店名だが安い、そして何を食べても美味い。個人的に好みなのが回鍋肉(450円)。


安いのに本格的な味噌だれがしっかりしていて特徴としては豚バラ肉がとろけるように柔らかい。パサパサではない脂の乗った美味しいチャーシューを炒めたような印象だ(おそらくラーメンのチャーシューとは別物)。かなりご飯が進む一品でぼくは一番好きだ。


写真ピンぼけしてしまったがラーメンが450円という値段。しかしこれはかつおダシの香り高い素晴らしいスープ。500円でも安いと思うかもしれない。適度に固めの茹で加減。二回目の取材では「生姜醤油ラーメン」600円にチャーシューをトッピングした。(人気ナンバー1おすすめ)と書いてある。


麺はラーメンより太麺になりツルツルした食感で固茹でになっている。スープは「ラーメン」とは違いかつお出汁ではなく肉の出汁とおそらく煮干しも。生姜味はうまく調和していて目立たないがこれはやみつきになりそうに美味い。特筆すべきはチャーシュー。パサパサ感が一切なく柔らかくジューシー、脂が多いわけでもなく肉の旨みが際立っている。


立て看板には「長岡系」と書き足してあるが(長岡ラーメン)なるものがあるのだろうか。レバニラ炒めのところに(人気?)と書き足してある。寡黙な主人に似合わず茶目っ気がある。(考えてみたらいたずらか?)



カウンターにはよく見るとさらにおすすめとして張り紙があり「煮干しラーメン」(生姜醤油ラーメンの進化系)とある。まださらに上がいたのか!(中太麺固め刻み玉ねぎ入り背脂少し)だそう。




ここのラーメンの味わい深さは荻窪ラーメンに近い雰囲気だが荻窪ラーメンの名店の数々に引けを取らない味な上に安さを考えると分があるかもしれない。半チャーハンをつける。卵の香りがいい。寡黙な主人。”料理で語る”系の名店だ。目黒的にはおそらく味と安さでは年間ランキング上位に来る。



後日追記 煮干しラーメンにチャーシューをトッピング。背脂が大きめでこってり美味い。玉ねぎを刻んだもの、スープは生姜醤油に煮干し味がプラス。






絵と文 目黒雅也(イラストレーター)

3 件のコメント:

  1. あー、なるほど、生姜醤油ラーメンは長岡にある青島食堂が有名ですね。秋葉原に支店があって、東京ではそこで食べられるのですが、こちらでもいただけるのですね。秋葉原のお店はいつも行列してますよ。ここは隠れた名店ですね。

    返信削除
  2. 生姜醤油ラーメン、あるのですね!高円寺では結構人気で食事の時間帯は混んでいます。

    返信削除
  3. 名店感ありますね、名前も雰囲気もお料理も!

    返信削除