2016年1月9日土曜日

福来軒@稲荷町 回鍋肉(ホイコーロー)

今年は回鍋肉を攻めるという半澤隊員のレポートがなかなか上がってこないので、まず、自分が回鍋肉レポートをしようと思う。


私が作成した回鍋肉を出す町中華のまとめをごらんいただこう。
わしわし食べたい回鍋肉(ホイコーロー)のおいしいお店 東京10選|All About(オールアバウト)


ここでも最初にあげたのが稲荷町の福来軒。けっこう、東京の町中華ではここの回鍋肉は有名。
前回、訪問時はタンメンをいただいた。

MCTでいこう!: 福来軒@稲荷町 タンメン

というわけで、稲荷町の浅草通り。
まずは特徴的な建物。



真ん中の細いビルが福来軒さんだ。


入りずらいけれど、二度目なので躊躇せず入店。

そうそう、表に貼られているメニューにも「ホイコーロー定食 850円」が最初に書かれている。


写真でもアピール。


この店イチオシが回鍋肉定食。黒板はカタカナ表記で写真は漢字だね。

4人掛けのテーブルが6つかな。空いているところに着席。先客3名。一人はホイコーローを食べている。あと2人はよくわからず。お店のお姉さんにホイコーローを高らかに注文。

ほどなく、回鍋肉定食が到着。



キャベツもお肉も大きめ。一口食べて、ああ、ここが人気なのはそういうことかとわかった。
実は、上野の晴晴飯店でリアル回鍋肉というのをいただいた。それがこれ。


見た目、まったく一般的な回鍋肉じゃないでしょ。どうやら日本の町中華で出している回鍋肉というのは、日本だけで食べられているらしい。本場は回鍋肉とはまったく別物。たぶん、麻婆豆腐もそうだけれど、昔は食材が手に入らず、日本で手に入るもので、似たようなものを作ったのだろう。
で、こちらの回鍋肉だけど、本場に入っていた豆鼓が入っていて、かなりの辛みがある。辛みのもとはラー油。食べ終わった皿は油とラー油がたっぷり。

食材はキャベツと豚バラ肉ながらも、味付けはかなり本場に近い。ピリ辛でオイリーだった。とにかくご飯が進む。ちょっとバランスを間違え、ライスが足りなくなった。ライスをおかわりしたいくらいだ。実際はしなかったけど。

まじで、おいしい回鍋肉。本場と日本のいいところ取りをしたかんじ。

■福来軒
台東区松が谷1-4-5
定休日:日曜日

0 件のコメント:

コメントを投稿