2016年1月25日月曜日

三陽@虎ノ門


 霞が関の東京地裁へ裁判傍聴に行き、昼休みに外に出た。
地裁裏側から出ると日比谷公園がほど近く、少し歩けば虎ノ門から
新橋方面に出ることができる。
ビル内の食事エリアはどこも風情がないが、路地に入ると
小ぶりな店が商売をしていて、鼻の効くサラリーマンでにぎわっている。
町中華ないかなと思いながら歩くことしばし、見つけた。

寄っていくと、なかなかよさげだ。
客が男しかいないのも、町中華の場合はプラス材料となる。
のれんも清潔で堂々としていた。

メニューは多彩。麺が中心で、飯ものは炒飯、麻婆丼、
中華丼、単品は餃子に炒め物か。
カツ丼やオムライスはないが、カレーはある。
ラーメンは470円と良心価格をキープ。
ほかに見当たらないし、もうここしかないと入店。


つれはレバニラ炒めの定食。ぼくは半チャンセット。
冬場になるにつれて、ラーメン好きでもないのに半チャン注文率が上がっているのは
温かいもので腹を満たしたいからだ。しかし、ラーメンを信じ切れておらず、
もやしそばにして、さらに炒飯で保険をかけてしまう。




もやしそばは、あんかけ好きなぼくの気に入りメニューのひとつだ。
前はそうでもなかったが、探検隊活動をしてるうちに味を覚えた感じ。
食後、少し舌にピリピリ感が残った。
また傍聴ついでに立ち寄りたい。

2 件のコメント:

  1. チャーシューメン 600円というのが気になりますね。安い!

    返信削除
  2. ちゃんぽんはなかった!

    返信削除