2016年1月22日金曜日

登龍園@新高円寺




新高円寺「登龍園」。高円寺よりは新高円寺からの方がわずかに近いか。高円寺から見るとパル商店街を抜けてしばらくまっすぐ。新高円寺からは青梅街道から商店街に入りまっすぐ行き信号を渡り右側になる。



いわゆる当たり前の「町中華」。メニューを見てみる。中華に加えて様々な選択肢があり楽しい。気になる品はあるだろうか。



二回に分けて訪問、ワンタン、カツ丼、天ぷらそば,,,おっと気になる方は最後まで。カツ丼とワンタンの組み合わせは最近定番になりつつある。






カツ丼は衣まで出汁で煮るタイプ。味付けは甘すぎず辛過ぎず温かみのある味。豆腐がたっぷり入った味噌汁がつく。必ずサービスのお通しが出る。2日とも大根サラダだった。餃子は野菜たっぷりあっさり系。



ワンタンのスープはやはりまさに町中華のそれだ。かなり柔らかく茹でてあり、ほうれん草、チャーシュー、卵が半熟なのがいい。


そして見つけたら頼まずにはいられなかった「天ぷらそば」の登場である。ラーメンにエビ天が乗っている。他にあるだろうかこれ。見たことがない。麺はやはりかなり柔らかい。スープもかなりあっさりでそこにカリカリに揚がったエビ天。エビ天から溶け出した油がラーメンにコクを与えてジャンクな美味さがある。メニューにはまだまだ細かい芸があり居酒屋のように楽しむこともできるだろう。

目黒雅也(イラストレーター)









4 件のコメント:

  1. グリンピースの載ったカツ丼は最近希少なんでソソられます! 子どもの頃は好きじゃなかったのに、なんかオッサンになると愛おしい・・・。

    返信削除
  2. 分かります。色々最近良さに気づいたものがありますね。ぼくはポテサラの存在意義に。このお店は色々希少なメニューがあります。

    返信削除
  3. おお、「天中」じゃないですか。天ぷら入りラーメンが食べられるところは貴重ですね。ラーメンでも「そば」というのがいいですね。

    返信削除
  4. 天中、というのですか、揚げ物好きなので頼まずにはいられません。ここのはあっさりラーメンなので天蕎麦の味わいに近いものがありました。

    返信削除