2016年3月31日木曜日

酢豚探偵の町中華備忘録 新宿五丁目・三番街の巻

3月30日(水)11時過ぎの新宿をぶらぶら
探検者/竜超



竜超です。今回は久々のソロ活動リポートなのである。場所は新宿。といっても中心部からはソコソコ離れた五丁目。土地勘のない方のために解説すると、「新宿二丁目の靖国通りを挟んだ反対側」である。そこに「黒酢酢豚が美味い店」があるという噂を聞き、ちょっくら行ってみようと思った次第なり。

靖国通りから一本入ったところに「三番街」という商店街があって、目指す店はそこで営業しているという。では入ってみましょう。


靖国通りに向かって左手にあるのが「カフェ アルル」。「看板ネコのいる喫茶店」としてマニアに知られた店である。こないだ観たBSのドラマにも登場していたっけ。さて、今日は「出勤」されているのでしょうか?


あ、いました! 可愛いねえ。トロ隊長がいたら、今日の油流しは絶対ここになっていたことであろう。


三番街には「CAFE Live Wire 」というトークライブ居酒屋がある。ここは以前「ビリビリ酒場」といい、『季刊レポ』のイベントが開かれたことがあった。じつはボクはそれを観に行き、その交流会で『レポ』と深く関わるようになったのだ。つまり三番街が「町中華探検隊員・竜超が生まれた場所」と言えなくもないのであった。


それはサテオキ、本日の町中華である。そこは「東順永」という店で、大陸の方が営んでいる。といってもチャイナではなく、「本場の人たちによる中華屋さん」だ。内装は「THE中華!」といった感じ。店内には四人掛けのテーブルが3つ、2人掛けが2つ、6人掛けが2つあって、カウンターはない。「オフィス街の店」ということで早い時間のお客さんは少ないようだ。11時チョイ過ぎにボクが入店したら、お店の人たちが賄いを食べていた。


先週の「天安門」と同様、こちらもお店の人たちがハキハキしていて気持ちの良い店だ。メニューを見ると、「黒酢豚定食 720円」とあるので、それを頼む。ランチタイムには「チャーシューメン」がなんと「515円」で食べられるそうで、かなりの営業努力がうかがえる。新宿はランチ激戦区なので、このくらいサービスしないと他店に対抗できないのだろう。


ほどなく運ばれてきた「黒酢豚定食」は、酢豚、ライス、麻婆豆腐、福神漬け、卵スープという布陣である。福神漬けはなかなか珍しいね。


酢豚の具材はタマネギ、ニンジン、ピーマンと至極マットウな感じである。どれも薄くスライスされていて、カリッと揚がった肉との相性が良い。全体的に小ぶりだが、酢豚は肉たっぷりだし、ランチはスープとライスのお代わりが自由だそうなので、満足度は高い。黒酢餡はやや甘めだが、ワル甘い感じではなく、まぁ美味しい部類。黒酢を使うと、なんか知らんけど「気持ちの悪いフルーティーさ」が出て辟易させられる場合があるが、ここのはそれがない。サイドメニューの麻婆豆腐を適宜挟みながら食べると、味に変化が生まれて楽しいですぜ。


ご飯のお代わりを頼むと、厨房のオジサンが素早く持ってきてくれて気持ちが良い。いや、かったるそうに運んでくる店とかたまにあって、「メンドクサイなら『おかわりOK』なんて書くなよな」と思わされたりするのだ。でもここは万事に愛想良く、「また来たい」と思わされる店なのであった。うん、また来よう。

2016年3月29日火曜日

北尾トロの事務所で八龍の出前をとる

いまは少なくなったけれど、町中華といえば出前である。今回は北尾トロの事務所で出前プレイ(^ω^)

昨日このメニューがポストに入っていたという。


早速電話。


15分後に到着。早い!


部屋に運ぶ竜さん。チャーハンうまそう。


広東麺もやってきた。



まつりじゃ






こんな味噌汁がついてます。


味噌汁スタンバイ

冷蔵庫の青葱を投入!









味噌汁を運ぶ竜さん。


広東麺。当然のように麺は伸び気味。これが出前のだいご味じゃ!





皿を洗う北尾トロ。




ご馳走様。
お代は北尾トロが立て替えて全部払ってくれていた。
3人で割り勘。支払おうと思ったら、財布を忘れたことに気づいた。
「そんな人、サザエさんしか知らない」と竜さんがあきれ顔。
やはり、珍しいよね。僕はこういうことが多い。
「ここまでどうやって来たんですか」と竜さん。
Suicaできたんだと答える。
いやはや、しょうがないね。




2016年3月28日月曜日

珍満@御徒町














上野で仕事の合間に少し散策を。
観光客がものすごく、アメ横の店なんかは到底はいれない。
町中華もない。
探すこと約1時間、御徒町の方でこちらのお店を発見。
店の中に入るとそこそこ人がいる。内観も外観も外のテラスみたいなかんじもけっこうタイプだ。
と、続々と人が入ってきて店員さんが
「相席お願いしまーす」という。まだ全然あいてるのに。
前にわかめのお兄さんが座った。
その直後、どんどん人が入ってきて一気に満員に。
けっこう人気のお店だったらしい。

餃子がとても気になったけど
まだ仕事もあるし、ピリ辛ナス炒めにした。
これがグッチョイスだった。
ナスの炒め具合、美味しい〜

せっかくなので相席のお兄さんの食事も撮らせてもらった。
「撮っていいですか?」ときいたら不思議な顔。
たぶん変なカメラ女子 と思われた。

聞く耳をたてていると、どうやら人気なのはタンメン(と餃子セット)らしかった。

お店をでて外観を撮影していたら、どんどん人が並びだした。
一番後ろに並んでいるおじさんは、通り過ぎて戻ってきた。
原宿などのラインってこうやってできるのかぁ。

弥生@王子

















久々MCT参加。
のはずが、仕事の時間が早まりかつかつスケジュールに。
最近町中華LINEでどんどん人が増えている所をみて
ちょっとでも参加しないと忘れられてしまう!という焦りもあったり。
参加できてよかった。

今回気づいたのが、カメラをむけるとマグロさんと竜さんは目線をくれる。。
そして竜さんはポーズもとってくれる。

さて、時間がなかったのでいつものごとく、見た目で行く店を決めてみた。
今回は「弥生」へ。
中は細長くけっこう人が入る。
なのにウエイターさんが一人。
しかも満席。
ものすごいスピードで動きまわるウエイターさん。
ラーメンがこぼれてくるかと思い、ひやっとしたけど、けっこう小慣れた手つきで走り回っていた。オーダーはみんな叫ぶかんじ。
味噌バターラーメンにした。
お腹がすいていたので大盛りと若干迷ったけど普通で正解。
野菜の量がけっこう多く、麺も太麺で一向になくならない。
けっこう多めだった。

途中、ライスもうないです、という店員さんの声がした。

お会計の際に、「いつもこんなに忙しいんですか?」ときくと
「いやー今日は特別です」ということだった。たぶん25日だから、だといっていた。
ちょっとチキンな私はなかなか質問をなげかけるタイミングがつかめないから
食べながら一つだけ質問を考えて会計の際にきくことにしている。

弥生はウエイターさんが印象的な店だった。