2016年3月4日金曜日

女将さん中華の「宝来」@中目黒


集合時間は12時なのに10時半に中目黒駅に到着してしまった。
9時から歯科医にかかり、その足で向かったからだ。
本日の呼びかけ人、あきやまみみこさんが送ってくれた地図では、このエリアの町中華は3軒だったが、もっとあるんじゃないかと散歩がてら歩き回る。
が、ない。町中華もだが、オーソドックスな蕎麦屋も1軒しか発見できない。
このところ、というか最近は事前に下関マグロが町中華が多いところを調べて
くれ、そこを歩いていたから町中華の元気ぶりが目についたが、
今日の中目黒で現実に引き戻された感じがした。

集合後、5人でぶらぶら。
意見が一致し、入ったのは「宝来」だ。
定食いっぱい、値段も抑えめ、。
厨房も含め女性3人でまわしている女将さん中華だ。
三種の神器はなかったが、こあがりもあるときたら入らないわけにはいかない。


ビールと餃子で乾杯後、それぞれ好きなものを。



 

ぼくは高菜そばにしてみた。
科調たっぷりの独特の味としか表現できないくらい
オリジナルなとろみスープである。
甘みがあって、砂糖でも入れてるのかと思ったんだが、
いや待てよ、高菜が全然ピリッとしてなかったな。
九州育ちのぼくは高菜好きだが、味の基本は
ピリ辛である。からし高菜ですね。
でもそうではなかった。甘かった。
高菜からしみ出した甘さが徐々にスープを支配していったとも
考えられるのだ。そうに違いない。
こんな高菜使いがあったとはなあ。



駅近くの「サイゼリア」にて油流しとなったわけだが、
会話に中身がほとんどない。
このひとときにいつもながら幸福を感じるね。




中目うろエリア、残る2軒はこちら。「萬伸」と「幸楽。
いずれも最近までガード下で営業していたらしく、
外観から得られる情報は役に立たない。
いつか味を確かめに行きたい。

3 件のコメント:

  1. 女性だけで切り盛りしてた店でしたね。次回は高伸に行ってみたいです!

    返信削除
    返信
    1. ちょっと怖そうな女将さんだったけど、たぶん気のいい人たちだと思うよ。高瀬も客が次々吸い込まれて行ってたねえ。

      削除
  2. なぜか甘い中華、に注目しているのでその味が気になります!!

    返信削除