2016年4月12日火曜日

MCT新宿西口からの中野坂上 『ミッキー飯店』で店名を冠した“ミッキーライス”をいただく


新宿駅西口ガード。少し遅れてしまったが、トロと竜さんは、遠目でもよくわかる。
今回は、MCT史上、もっとも歩くことになりそうだ。


まずは、西口からすぐの『光来』さん。ここで決めてもいいと言うと、
竜隊員より「まだ、どこも探検してない」とのこと。
いやぁ、最後のお店へ行くと、ここまで戻ってくるのが一苦労なんだよね。


『光来』さん、メニューは豊富。
ここは本当におすすめ。
つうかね、きょうは中密地域ではなく、
行けども行けども町中華のない地域。
町中華散在地帯なのだ。


「昭和28年創業とあるね」と北尾トロ。


「まるしん」さん

チャンポンを中心にした町中華だ。


綾は、丼などが550円。
持ち帰りだと500円。
安いねぇ。


青梅街道まで出ると、ポニーがいた。


十二社通り。
登喜和さん


けやき橋商店街は消失し、
再開発のため大きなビルが建設中。
天然坊さん。


竜さんによれば、このお店、
雨の日は水餃子が無料になるそうだ。
本日は残念ながら快晴!



十二社通りから、
方南通りを西へ。


遠くにけやき橋商店街の跡地に建設中のビルが見える。

方南通りから北へ少し入ったとことにある昌龍さん。
たぶん、上が住まいになっているのだろうか。



店前に置かれたカブに出前機が装着されている。



西新宿五丁目駅の裏側にあったラーメン山田屋。
まさに昭和の町中華。


方南通りへ戻り、山珍居。


町中華というより、中華料理屋店。


その先にあったのが「富城屋」。
中華料理屋なのか、よくわからない。


アイビーという喫茶店。


山手通りと交わる交差点。清水橋跡が。


新宿区から渋谷区に入り、ここは中野区本町。
かつては二軒家と呼ばれていた地域だ。


山手通りを北上。
ユニークな交差点。


住宅街を抜け、大きな階段をのぼる。
竜さん、このあたりにはくわしく、
この階段のことを知っていた。


はい、見えてきました、ミッキー飯店。


なんとも珍しい店名。




入店。ここは、ミッキーライスでしょ。
それから餃子。


餃子到着。
お酢だけのタレだそうだ。
この餃子、なかなかうまかった。
餡はねっとりとしっとりの中間。


ミッキーライス到着。
レバー、豚肉、野菜。
ピリ辛あんあけ。
かなりのボリューム。
食べられるかなと不安。
でも、ご飯は思ったほど多くなく、
なんとか完食。
しかし、食べても食べても減らない現象は、
あの、2015夏の『仙台や』でいただいた
『中国丼』以来だ。


北尾トロは半中華丼とラーメンセット。


竜さんは、半しょうが焼きと味噌ラーメンのセット。


ところで、なんでミッキー飯店なのか。
北尾トロが「ご主人の名前がミッキーなの?」と聞いている。
ご主人、笑いながら「違うんですよ」。
戦争から帰ってきた元軍医さんが考えてくれた店名が
「盈喜飯店」なのだとか。
誰も読めないから、カタカナかえて、ミッキーにしたんだそう。

店内にその文字があった。
ああ、これ元プロ野球選手の角盈男の盈だ。

油流しは青梅街道の『カフェドエル』。


竜さんはケーキセット。
僕はホットコーヒー、トロはアイスコーヒー。



■ミッキー飯店
164-0012 東京都中野区本町2丁目17−4








歩いた距離は4.7km。


2 件のコメント:

  1. ミッキーライス、迫力ですね!
    見た目が、中華丼も生姜焼きもちょっと似てる…(笑)

    返信削除
    返信
    1. 雨の日に「天然坊」へ行きましょう!

      削除