2016年6月1日水曜日

長崎ちゃんぽん食べ歩き@佐世保

隊員のフォトグラファー瀬川陣市です。長崎は年に何回か訪ねるのだが、行くたびに長崎ちゃんぽんは食べている。長崎ちゃんぽんの発祥は長崎市のだれもが知るあのでかいお店で、その味は自分の中のランキングでもその店がちゃんぽんがトップに君臨している。

しかし、長崎には地域ごとの長崎ちゃんぽんの味があり、食べ歩いてみるとそこには長崎ならではの町中華の顔としてのちゃんぽんが見えてくる。今回は佐世保でのちゃんぽんを食べる歩いてきた。


あっさりちゃんぽん、餃子はもっちもち・ぎょうざ飯店


佐世保市内から離れた町の道路に面した店。ここは地元のひとに餃子のおいしいお店として教えてもらった。店名も「ぎょうざ飯店」とつけるくらいだから餃子の味も期待だ。


入ったのは午後1時を過ぎていたにもかかわらず、店内は賑わっていた。こちらは小グループだったからテーブル席についたが、カウンターはご覧の通り。


オーダーしたのは、ちゃんぽんと餃子。ちゃんぽんはどう見てもサービスしすぎ感ある胡椒が。スープはあっさりしていて食べやすい。胡椒は辛いことはなかったけど、最初からかかってなくてもいいな。具材にはエビやイカのような魚介ものが入ってなく、単価の安いものが主流。ちゃんぽん530円なので具材はそんなとこかも。


餃子はご主人が皮から仕込んでいるらしい。厚めの生地でもっちもちの感触。ニンニクはほとんど入ってないと思う、女性にも食べやすい餃子。


同行した友達が頼んだ皿うどん。少し食べさせてもらったが、こちらも味はあっさりまとめてある。多少オイリーなトロミのある餡がかかっていて太麺も食べやすい。


ロードサイドのさっぽろラーメン系ちゃんぽん


佐世保市内からさらに離れたロードサイドのドライブインのショップ。ここも地元のひとに案内してもらった。なんとここはさっぽろラーメン系のちゃんぽんだという。多分他にはない味が食べられるのかとちょっと期待して連れて行ってもらった。


「展望台」という店名だけにお店のすぐ後ろが入り組んだ湾を見下ろせる最高のロケーション。カウンター席からだと厨房を挟んでナイスビューが眺められる。



この店は、もともと店主がさっぽろラーメン店で修業していたらしく、その流れでちゃんぽんもさっほろ味噌ラーメンと組み合わせた「みそちゃんぽん」というのがあるらしい。これがお勧めとのことなので、早速注文。


レンゲの大きさから器も大鉢なのがわかるほど。これが「みそちゃんぽん」。一口スープをすすってみると味噌の味は表に出てこなく、むしろ味噌があることで甘みがはっきりとわかる仕立てに。これはいけるわ、と食べ始めるとあっという間に平らげてしまった。リピート感はほぼフルマーク。また食べに来たい味だった。


駅前の佐世保の人気店




最後はひとつくらい市内のお店もということでJR佐世保駅にあるお店に。ここは向かい合ってちゃんぽんを出す中華屋がならんでいる。迷ったあげく、入ったのがこちらの「香蘭」。食べてからネット調べてみると佐世保でちゃんぽんの人気ランクではトップのお店だった。なかなか自分は町中華のセンスも持っているということか!?

 


出てきたちゃんぽんがこちら。具材がしっかりと大きいエビやイカなど魚介系がぎっしり。スープの味も魚介ベースの淡泊な味。ちゃんぽんの決め手はスープの味で次に具材なのでこのどちらも高評価できる。さすが佐世保での人気を集めるだけの味だ。ただ、フライパンの焦げがけっこう野菜を炒めたものについて出てきたのだけはマイナス。

 

佐世保の3店のちゃんぽんだけでもどれもまったく独立した味でまとまっていた。探せばまだまだ見知らぬ味に出会えるはず。これからも長崎に行ったらちゃんぽんの探求は続くのであった。
 








2 件のコメント: