2016年7月29日金曜日

亀戸の『喜楽』さんでナポリタンをいただく

『喜楽』さんのナポリタンを食べようと、亀戸駅行きのバスに乗る。
もともとここでナポリタンを食べるつもりだったけれど、オムライス、サーテー麺、餃子などを食べてしまった。


サービスセットのメンチカツライスも気になるけれど、
やはりナポリタン。
女性の先客が1名。
というか、ほぼ同時に入店。
メンチカツライスを注文しているようだ。
見ていると、最初からメンチカツをつくっている。
作り置きをしているわけじゃないんだ。
ミンチをこね、パン粉をつけて、揚げている。
ひと段落して、「なににしましょう」と聞かれたので、
ナポリタンをお願いする。

タバスコとフォークが出てきた。 


ネットで、別の人が中華麺だと言っていたナポリタン。
店主に訊くと、スパゲティの麺だそうだ。
注文を受けて、麺を茹で始めた。
中華鍋であおっている。
ジュージューと炒めている。
上から、パセリのみじん切りがかけられている。


ナポリタンも、どこでも食べたことがない独特のもの。
具材はマッシュルーム、玉ねぎ、それに豚肉。
ケチャップ味ではあるけれど、やさしいかんじだ。
食べながら、
「そこに、『中華一番』というのがあったようですが、今はもうないんですね」
「ああ、あそこのご主人、私と同じ年なんだけれど、癌でなくなっちゃったんですよ。3年前かな」
それで、ふと
「こういう中華屋は30年後には絶滅するというのが私の考えなんですよ」
とのこと。理由は色々あるけれど、ひとつは世代交代がうまくいかないからだそうだ。
ちなみにこちらの『喜楽』さんは、お父様が昭和32年に創業。
そのあとを今のご主人が継いだそうだけれど、
子供は娘さん2人で跡を継がないんだそうだ。

ふと、懐かしそうに昔の話をしてくれた。
「そこにね、お風呂屋さんがあって、昔は工員さんなんかがいっぱい住んでいてね、
100円あれば、お風呂に入ってラーメンが食えるって時代だったですよ」
とのことだ。

名刺を渡し、『散歩の達人』など見せるも、
取材は断っているとにべもない。

■喜楽
〒136-0071 東京都江東区亀戸3丁目44−16
AM10:00~PM10:00 昼休憩なし
定休日:月曜日





0 件のコメント:

コメントを投稿