2016年11月15日火曜日

典型的な町中華! 白金の野沢屋さん

以前からこの店はマークしていた。最寄り駅は東京メトロ南北線の白金台なんだけれど、恵比寿や広尾からも歩いてこれる。
だから散歩の途中、この店の外観は何度も写真に収めている。


なにより素敵なのは、かつてサンプルケースの中には食品サンプルがあったんだろうけれど、それが、文字に変わっているところ。

餃子350円って、けっこう安い。
このエリアでこの価格はうれしい。
カツ丼750円も惹かれるなぁ。
でも、半カレーラーメンもいいな。


以前、行列しているのを見たことがあるけれど、
あれは、まれなケースだったか。1時をまわったとはいえ、
先客はなかった。

年のいったご夫婦で営業していらっしゃるようだ。
カウンターに座り、半カレーラーメンを注文。


カレーは、奥さんの担当のようだ。
昔ながらの大きな茶色の鍋で作り置きをしているようで、
そこからルウを小鍋にうつしている。

先にカレーが到着。




懐かしい系のカレー。人参や玉ねぎもたっぷり。
煮込まれてはいない、野菜をきっちり形が残っている、
昔の家庭のカレーだ。福神漬けもいいね。
で、ラーメン到着。

ラーメンは東京の醬油ラーメンってかんじで、
シャキシャキとしたもやしがいい仕事をしている。
わかめもうれしいね。
チャーシューは紙ごたえのあるタイプ。

途中、中年男性が入店。
そのお客さんも半カレーラーメンを注文していた。

お会計のとき、このお店、なぜ野沢屋さんというのか聞いてみた。
すると、町中華あるあるな答え。
「ここは居抜きで店を出したんで、もともとこの店名なので、理由はわからないんです」
とのこと。素敵なお店だ。

■野沢屋
〒108-0072 東京都港区白金5丁目10−13







0 件のコメント:

コメントを投稿