2016年12月28日水曜日

今年最後の探検隊?岐阜や@新宿 アンド今年のベスト3













本日の探検隊は今年最後の活動ということで
プチ忘年会@岐阜やでした。

さて、今年のベスト3は

3位:餃子の星@曙橋
やっぱりあの酢豚は忘れられない。

2位: なかみち食堂@函館
奇跡のオム

1位:ダブルオトメ@根津&国分寺
オトメ部にとってオトメとの出会いは今年のハイライトですね。

町中華出張編 なかみち食堂@函館




函館へ行ったら絶対に行きたい!
と思っていたなかみち食堂へ、先日ついに行ってきた。
このオムライスがきになっていたのだけど
お客さんのオーダーするチャーハンを見て
あぁ、やばいところきちゃったかなぁと思う。

とりあえず全部サイズが半端ない。
これは仙台やよりもおおきいんじゃないか?!

常連さん達のオーダーをきいていると
からあげ定食、生姜焼き定食、チャーハン
が人気のようだった。

内外館ともにカナリ好みの感じで
味もなかなか。
みんなで行ってみたい。

今年もお世話になりました。

町中華探検隊を始めたのが、2014年の1月なので、活動そのものは丸三年になりますね。
さて、今年最後のMCTはこちら。


新宿、思い出横丁にある岐阜屋さん。



 岐阜屋さんといえば、
呑み中華でしょう。
参加隊員は
到着順で
半澤くん、増山さん、久保さん、吉岡さん、wakiさん、本橋さん。
やはり餃子。
ニンニク多め。
ビールからレモンサワー。

ニラレバ炒め


焼きそば

撮影する半澤くん。

皆さんご満悦。



という訳で、
下関マグロの
2016年の

町中華ベストスリー

第一位
三河島の『すずき』


でした。皆さんよいお年を‼




■岐阜屋
160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目2−1

2016年12月26日月曜日

麗しのカツ丼@高円寺「味楽」


高円寺は町中華探検隊結成のきっかけとなった北口の「中華大陸」があった町である。
南口には名店「七面鳥」があり、取材もさせてもらった。
しかし、我々は大事な店を忘れていた。
それが南口ガード沿いにある「味楽」。
いや、忘れていたわけではない。そのうち行こう、いつでも行けるさと思っていたのだ。
そういうのって行かないもので、
油断してたら、ふいに姿を消すこともある。
そこで2016年12月、下関マグロと訪れた。
清潔な暖簾の下、値段とメニューがチラリと見える。
ラーメン400円。カレーライス400円。
カツ丼さえ500円。
泣けるほどの安さだ。
この値段設定は往時の「大陸」を思わせる。
そこでぼくは同店名物だったかつ丼を頼むことにした。


どーん!
強烈な佇まいで登場。
真っ黄色のタクアンが「大陸」そっくり。
ご飯ズッシリ、分厚い衣の頼もしさ。
客は全員、男である。男飯である。
マグロはタンメンだったけど、
これまた大盛りで食べきれなかったほど。
「味楽」、高円寺の雄と呼びたいね。


2016年12月22日木曜日

味楽@高円寺

北尾トロとどうしても今年中に行っておきたい町中華があった。
それが、高円寺の『味楽』さんだ。

町中華探検隊が結成されるきっかけになったのが、高円寺の町中華、『大陸』へが閉店したことからだ。で、北尾トロから、近くに似たような町中華があれば行こうよということになった。

しかし、まだ当時はよくわかっていなくて、まったく町中華じゃない店へ行っていたんだね。タブチというお店、悪い店じゃなかったんだけど、ちょっと町中華じゃないねって、油流しのために駅方向に向かっていたら、まるで絵に描いたような町中華があった。それが『味楽』さん。2014年のはじめのことだ。

まずは、大陸跡地へ。今回初めて分かったんだけど、ここ大陸コーポって建物。今はパン屋さんが営業してた。



高架下にあるのが『タブチ』で、
そこからひょいと出たところにあるのがこちら。


外観がもう、素敵。




メニューはいろいろ。
ラーメンが400円。



北尾トロはカツ丼500円。
安い!


少しもらったけど、
かなりおいしかった。
懐かしい系のカツ丼。
『大陸』のカツ丼の味は記憶のかなただが、
比べてみると、こちらのほうが具が多いように思う。
そして、『大陸』はもう少ししょっぱかったように思う。
味噌汁とお新香は同じような感じじゃなかったかな。



タンメン 500円。



こっちもものすごい量。


レンゲに店名が!
金文字。



本日のランチっていう日替わりの定食があって、
きょうはハンバーグ+ポークハム+目玉+のりで
480円。

食べている人がいたけど、
驚異的な安さ。


■味楽
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3丁目59−10
11:00-21:30
定休日:火曜日








2016年12月20日火曜日

MCT荻窪アタック ことぶき食堂

荻窪駅北口に独りぽつんと半澤くん。

北口の短いアーケードにラーメン店が三軒並んでいる。

丸福さん


萬龍軒 荻窪店さん


富士中華そばさん
いま、見たら丸信が丸進になっている。


青梅街道へを四面道方向へ。


三龍亭さん


四面道近くの光陽楼さん


ここから、環八へ。
ことぶき食堂さん発見。

たしかこのあたりに、昔、よくきてた、
田中屋というカウンターだけの洋食屋があった場所だ。


1956年創業だそうだ。すごい。
ぼくより年上。



芸能人のサインいっぱい。
テレビはTBS。



半澤くんはタンメン。



ちょっと独特。


僕は広東メン。
こっちも独特。


味濃いめ、量多め。
けっこうお客さんは入っていたけど、
お客は全員が男性だったなぁ。

原稿の締め切りがあるので、油(あぶら)流しはせずにお店で、少し話す。
半澤くん、相変わらず竜さんが参加しないことを心配していた。
「あれだけ毎回きてたのにぷっつりこなくなるなんて、なにかあったんですかね」
と言う。僕もよくわからない。
今回も竜さんがこれる火曜日にしたのだが…。

帰りの電車で半澤くんと増山さんが
町中華探検隊として
新連載をはじめた『オギボン』をいただく。


帰りの電車で読んだけど、見開きで
力の入った連載だ。
今回は、『光陽楼』、『大宮飯店』、『あもん』を
取材している。

季刊で年4回の発行だから
一年で12軒取材することになる。
荻窪周辺は町中華が多いので、
なかなか取材先は尽きないだろう。


■ことぶき食堂
167-0034 東京都杉並区桃井1丁目13−16
11:00~24:00
定休日:日曜日