2017年8月14日月曜日

下町のフルコース (日暮里「花家」「あづま家」)

日暮里駅から谷中銀座へ至るゆるーい坂道、御殿坂。

その昔、この御殿坂には「乞食坂」という異名があったそうです。
一帯に寺が多く、門前には常に多くの人々が行き来していたこと、加えて坂上には
繁華街があったため、物乞いの人達にとっては絶好の稼ぎ場所。坂下(駅のほう)には
乞食小屋集落があったとか。

もっとも、それは江戸時代の話。
現在の御殿坂は昭和の雰囲気を色濃く残す、落ち着いた居心地の良い場所です。


さて、日暮里駅西口からその御殿坂を歩いて2〜3分ほどのところに、2軒の古い甘味喫茶が
並んで建っています。

駅に近いほうが「あづま家」。その隣が「花家」。


↑(あづま家)

(↑花家)


同業種のお店が隣り合っていること自体ちょっと珍しいですが、
この2軒にはさらに驚くべき業態の共通点があります。それは、

「甘味処なのに町中華メニューが本格的に充実し、さらに酒まで飲める」

・・・という、実に面白い飲食店である点。このようなスタイルのお店が
2軒並んで営業しているのは日本広しといえどもここだけなのではないでしょうか。


猛暑がやわらいだ8月11日、
私は町中華探検隊「甘味中華アタック」に参加し、この両方の貴重なお店を
ハシゴしてまいりました。
参加者は増山かおりさん、久保拓英さん、ひざげりさん(以上エントリー順)、
そして私、八百谷。

4人いるので当然ここは二手に分かれ、増山さんと久保さんは「あづま家」へ、
ひざげりさんと私は「花家」へと入店。

「花屋」の店内は比較的細長く、テーブル席のみ。船のキャビンを思わせる、
古いけれども洒落た内装です。このへんはさすが甘味喫茶ですね。
奥のキッチンでは年配の男性が調理し、フロアではやはり年配の女性二人が
オーダーをとったり料理を運んだりお会計をしたり。いい雰囲気です。

それにしてもやはり驚きのメニューです。
クリームあんみつや白玉ぜんざい、季節もののかき氷やスイカジュースなどなど、
豊富な甘味メニュー。そして!広東麺やチャーハンやカツ丼などの町中華メニュー!
季節によってはあさりラーメンや牡蠣ラーメンなどという築地場内「やじ満」みたいな
ものも食べられるようで、「片手間に軽食を出している」のではなく「本気」を感じます。

驚異のメニューを眺めつつ、まずはひざげりさんとビールで乾杯。餃子もオーダー。
ビールはキリン、アサヒ、エビスと3種も取り揃えられ、他に日本酒や焼酎、ハイボール
などもあったりします。お通しには枝豆。最高の前菜ですねー。


(↑餃子。大きくておいしい)

キリンビール一番搾り「東京に乾杯」を酌み交わしているうちに餃子が到着。
大きいですねー。それにいい色!これは確実においしいやつです。


(↑餃子アップ)

色合いからも想像できるように、しっかりと味のついた餃子で酢醤油なしでも
おいしく食べられます。薄皮だけどもっちり、肉汁もジューシー。ニラが多くて
生姜も効いてます。これはかなりのクオリティー。

2人で餃子をシェアし、ビールもアサヒスーパードライに切り替えつつ、
今度は麺類を注文。私は「謎の多い町中華メニュー」として名高いチャンポン。

ひざげりさんはチャーシューワンタンメンを注文したのですが、ここで大きな謎が浮上。
どういうわけか、チャーシューワンタンメンとチャーシューワンタンが同じ値段なのです。これはいったいどうしたことだ。麺は大サービス?

ほどなくして先に到着したチャーシューワンタンメンを見て、その謎は解けました。
麺の量が通常の半分くらいなのです。これ、1人で来て餃子を1皿注文し、麺もたいらげる
ような場合にちょうど良い量かと思います。これはこれで優れたサービス。

そんなこんなで私のチャンポンも到着!


(↑チャンポン)

写真をごらんください。
「花家」のチャンポンはもちろん長崎チャンポンとは似て非なるもので、
塩味スープのラーメンにあんかけ肉野菜炒めとかきたまを載せたもの。
一部のお店で「タルメン」として供されているものと似ています。

あっさりスープも小エビが3匹も入ったあんかけ肉野菜炒めもおいしいんですが、
何と言っても特筆すべきは麺です。真っ直ぐでかためで歯切れが良くておいしい!
大崎広小路の名店「平和軒」の麺に少し似ていますが、もしかして自家製でしょうか?

ビールと料理をたっぷり味わい、お会計の際に
「こちらは創業何年ですか?」
と尋ねてみたところ、なんと創業は戦後すぐの72年前!昔はお汁粉が名物で、
開成高校の生徒達に人気だったそうです。頭が良くなるお汁粉ですね。

お店を出て、増山さんと久保さんが待つ「あづま家」へと移動(隣だから超便利!)。


(↑「あづま家」のみつ豆・あんみつ・フルーツパフェ)

久保さんは用事で帰ってしまったので、3人でしっかり甘い甘味をいただきつつ、
本日の成果を楽しく報告し合いました。

前菜からお酒・メインディッシュ・デザート。レベルの高い下町のフルコースが
たっぷりと堪能できる甘味中華、侮れません!



2017年8月11日金曜日

東池袋「サン浜名」はタイガース中華

増山です。東池袋にてソロ活動してきました!

お目当ては、高架下にある「サン浜名」。
ランチは平日のみの営業らしく、日曜の早めの時間に前を通ることが多いので、いままでその存在にまったく気づきませんでした。


なぜここをチョイスしたのかといえば、タイガース中華だから!
池袋MCTのためにしらみつぶしに食べログを見ていて見つけたのでした。
一階にはうなぎ、喫茶 などの文字もあり親戚筋のお店との話がありますが、
サン浜名はこの二階。

特にタイガースファンというわけではないのですが、唯一なじみのあるスポーツが野球のため、店主が野球好きだとなんとなく嬉しくなります。


この店が素晴らしいと思ったのは、店頭に営業時間などの情報がきちんと貼り出されているところ。


ホスピタリティを予感しながら、この怪しい階段を上ります……


店内には、どこまでも続く猛虎グッズの列。タイガースとは直接関係ない虎グッズや、なぜか美智子皇后の写真も紛れており心がなごみます。


タイガースファンだったことは一度もないのですが、これだけ並ぶと見ているうちにタイガースファンになりたくなるような気がしてくるから不思議です。
グッズのほとんどはラップで保護されており、飛び散りこびりついた油にマスターのタイガース愛を感じずにはいられません。


水と、あったかいおしぼりが出てきました!これは嬉しい。
と、水と思いきや、薄い麦茶かなにかのお茶でした。ご覧のとおりグラスの中身がうっすら色づいています。
酢の容器には「CRYSTAL」の文字。最高すぎる。


カウンターの端にいた常連らしきお客さんが、ペットボトルからドボドボ自分でお茶を注いでいるのが横目に見えました。


メニュー表はわかりやすくジャンル分けされており、
若い女性の文字らしきものと、荒々しい男性的な手書き文字とに大別されます。


メニューで特筆すべきは、サラダが異様に充実していること。
「生野サラダ」というジャンル名を冠しています。

肉ヤサイ ケチャップまぶし という無骨かつわかりやすいメニュー名もあり、そそられました。

ありえないほどのおつまみの品数や、食後のコーヒー、まさかのクリームソーダにも高揚せざるを得ません。

もう、メニュー表を見ただけで帰ってもいいほどの満足感を得ているのですが、
これを頼まないわけにはいかないでしょう。


特浜名オムライス850円。当然、餃子450円もつけます。
ひざげりさんから、量が多いので注意と教えていただいたのですが、きょうはだいぶお腹が減っているのでひるまずいってみました。


店内はカウンター席のほかテーブル席もあり、数名連れ立ったサラリーマンでいっぱいです。おやじさん1人で調理し、女性が補佐&給仕するスタイルのため、料理が出てくるのは少し遅めです。
しかし探検のためには、それもかえって好都合というもの。じっくりと卓上を観察できました。

調理中のほかのお客さんのお皿をチラとのぞいたら、赤文字で店名の入ったお皿がありました。ところがなぜか「太洋軒」の字が。提携店からもらった、もしくは店名が変わったのか? と激しく興奮しました。


タイガースグッズのみならず、まんがの所蔵量が圧倒的。町中華でもかなり多いほうです。ゴルゴ13は文庫ではなく、SPコミックスをチョイスしている点が素晴らしい。こち亀や鬼平のほか、稲中や今日から俺は!などもありました。


こちらが特浜名オムライス!カレーのようなものがかかっています。食べてみるとこれはカレーではなく、デミグラス系のソースでした。買ったものをそのままかけているのではなく、なにか一手間加えたような、若干ミルキーな風味があります。


ケチャップライスの具はこれまた珍しく、コーン、細切りの玉ねぎ、そしておそらくハムではなくベーコンが入っていました。意外なことに、このオムライスの味を最も支配しているのはコーンでした。卵がふわふわでおいしい!天津丼やカニ玉にも期待が膨らみます。


ぎょうざは綴じ目を真ん中にもってくるスタイル。自宅で作るときは扱いやすいのでついこのスタイルにしてしまうのですが、おやじさんもそうなのかな。塩気は意外にも控えめです。

食後にクリームソーダを頼んでみようかと思ったのですが、12時半をすぎいよいよ満員に近づいてきたので、この店はまた絶対に来るし、今度にしようと思って店をあとにしました。

帰り際、友達に見せたいので店内の写真を撮っていいですかと尋ねたら、どうぞどうぞと喜んでくださりまた嬉しくなりました。

隣に座ったサラリーマンらしき男性がサン浜名焼きそばを注文すると
「サン浜でーす」とのオーダーコールがあったのも印象的。


店を出ると、高架下でくつろぐオヤジ達の姿があり、東南アジアの昼下がりのようです。


おまけに、歩いてすぐのところに遺跡中華を発見。


帰りにいけふくろうを見て、今まで池袋を毛嫌いしていてごめんよ、と少し涙が出そうに。
それほどの力が、サン浜名にはありました。

2017年8月7日月曜日

谷中の一寸亭でチャーハンをいただく

朝からチャーハンを食べたい気分だった。
このところ、自炊が多かったランチだけど、きょうは外食したいなって気分。

そんなときに、町中華探検隊のLINEグループで、ひざげりさんが、草加の「小判」でいただいたチャーハン、どこかのに似ているというのを思い出したようで、谷中の「一寸亭」だとのこと。

谷中の「一寸亭」はけっこう有名店で食べログのレビューなんかでも行列しているとかいうので、敬遠していたんだけど、なんだか行ってみたくなった。

ひざげりさんによれば、上品なチャーハンだとのこと。下品なほうがいいかも。なんて思いながら家を出る。暑いねぇ。まあ、歩いて行ける距離だからいいね。片道30分ほど。

上野公園から谷中霊園を通り過ぎて、谷中銀座商店街。

商店街から見える看板。


一寸亭さん。

 のれんがいいよねぇ。到着したのは午後2時くらい。行列はなかった。でも、店内はお客さんでいっぱいの様子。

通り過ぎてもう一枚。


カウンター一番手前、真ん中、奥が空いている。

 一番手前に座り、チャーハンをコール。


名刺が置いてあった。
ほどなくチャーハン。

おお、ちょっと生姜の効いたスープがおいしい。好きだ。

チャーシュー、ナルトが細かく刻まれている。それに卵という実にシンプルな構成。

ひとくち目からおいしい。でも、こういう場合は警戒しないと。
ひとくち目がおいしいのは、たいてい味が濃すぎるからだ。
だんだん飽きてくるパターン。

ところがこちらのチャーハン、最初から最後まで美味しくいただけた。
ポイントは細かく切られたナルトのせいではないだろうか。
全体的に味は薄目。ひざげりさんのいうところの「上品」な味付けなんだけど、
ナルトそのものに味がついているので、ひとくち目から最後まで同じように美味しくいただけたのではないかと思う。さらにいえば、このスープ。これが実にいい仕事をしている。

一寸亭、他のものも食べたうなった。

■一寸亭 (チョットテイ)
東京都台東区谷中3-11-7
11:30~21:30
火曜日

2017年7月25日火曜日

MCT新大久保

増山です。7月25日のMCTレポートをお送りします!

本日は半澤さんと千駄ヶ谷MCTの予定だったのですが、事前に調べたところなかなかめぼしい店が見つからず、
増山の気になる大久保「天宝」決め打ちで行こうということで、大久保に向かいました。

冒頭の写真、ピンと来る方もいるのでは。
惜しまれながら閉店した「日の出」の跡地です。思い出のあの外観が重なります。。


天宝に向かう途中で横断歩道の向こうに「まるしん」が。
役割としては町中華ですが、町中華に含めるかどうか議論の分かれるお店の1つではないでしょうか。

そこから2分ほど歩くと、お目当ての天宝の袖看板が……嫌な予感とともに現れました


ラーメン300円、ご夫婦で営業、手書き文字の貼り紙多しの良店のようだったのですが、閉店してしまったのでしょうか……


というわけで、次点の新大久保「大明」を目指すことに。線路沿いを歩きます。

よかった!こっちはやってました。

韓国料理屋っぽい配色ですが、近くで見るとまぎれもない町中華臭がプンプンしています。


エアサンプルも完備!

入店し、いざ異世界へ!

こちらはテーブル席。制服を着た事務系OLがごはんを食べてました。この写真では人がいませんが、手前のカウンターにもお客さんが。入店率70%ほどの大変心地よいにぎわいを見せていました。

というわけで我々は奥の小上がりへ。

うちわ、マッチに加え、郷土民具も完備。出来心で鳴らしたら、思いの外大きい音が出てしまいました。

お冷やと、なんとおしぼりのサービスが!!

半澤さんは、特製丼780 の文字を見逃しませんでした。

こちら特製丼。甘辛あんが絡む肉野菜炒めがのっておりなかなかのボリュームです。

「タルメン」なるものがあり、タンメンの誤記ではないのか?と思いましたが、ちゃんと別にタンメンがあったので迷わず頼んだら、コレでした。
器がもれなく店名入りなのがイイ!
そういえば店頭におかもちがいくつも置いてあったのを思い出しました。
塩味あんにシャキッとした野菜と薄切り豚肉、かきたまが特徴的です。

お母さんと、お母さんより若そうな男性が配膳してくれました。お二人とも白衣をお召しだったような。


薄味すぎないギリギリの絶妙なうすしおスタイル。けっこう量もあるのですが油感はほぼなく、時間はかかったものの胃もたれせずにペロリといけました。


餃子は皮とあんがしんなりと一体化するようなタイプです。
六個で一皿なので、2人で行ってもケンカしないところがいいですね。餃子を分け合いながら、この夏の互いの展望を語りあい、店を後にしました。

食べ終えて店を出ると、向かいには見たことのない漢字を使ったお店が。
湯というのは、火で沸かすんだなあ。数年ぶりに新しい漢字を覚えました。

次回は大きめの駅を攻めてみたいと思います!みなさまぜひー!