2017年5月18日木曜日

町中華飲み&日々のソロめし@喜楽

ハイジです。
我がホームグラウンド「喜楽」(行徳)で、GWに昼飲みしてきました。
普段のソロめしとともにリポートしてみます。

まずは、嫁を連れてのGW中の昼飲みです。
入り口には、町中華の夏の風物詩「冷し中華始めました」の張り紙。
後日食べたのでのちほど、ご報告ということで……。
まずは、もちろん生ビール。500円。
この日のお通しは、だいこんと鶏肉の煮もの。
中華屋らしく、片栗のあんでトロリ。さっぱり、じんわり。
ラー油が映えるなあ。
肉食獣の嫁も絶賛だった餃子は、皮厚め&あん甘め。400円
ここで生ビールは2杯目に……。
ここから、おつまみ部門を連発!
まずは、ネギとチャーシューのピリ辛あえ 350円。
プンプン香るテラテラのごま油とネギの辛み、しっとりチャーシュー。
量も多くて、お得感ありあり。
続いて、豚キムチ炒め 450円。
辛抱たまらず、紹興酒(ボトル) 1500円。
これもボリュームたっぷし。ごはんも食べたくなる味。
ピータン 400円も。しょうがとねぎだれが、ピータンのまったり味にあう。
〆は嫁が前回絶賛のタンタンメン 750円。
酸味が効いて、芝麻醤もドロリと濃い。
しゃぶしゃぶのごまだれを辛くして麺を入れた……ぐらい濃い。
シェアしても超満腹。
ボトルはキープもできるが、いつも飲み干してしまう、ダメ夫婦の私たち。
休日の町中華昼飲み……やっぱり、いいわ。

ここからは、撮りためた日々のソロめしを簡単に。
肉野菜炒め定食 700円(水曜日限定の価格)。
歯応えしっかり&たっぷりのキャベツの細切りがいい。
チャーハン 600円。肉めし!という感じで肉がゴロゴロ入ってる。
五目うまにソバ 600円(水曜日限定の価格)。
これで600円は、お得感あるな。
ちょい塩辛めだったから、大食漢の人ならごはんつけるとちょうどいいかも。
こちらは季節ものの、ネギピリ冷やし中華 750円。
冷やし麺に、おつまみ部門のネギとチャーシューのピリ辛あえをのせたやつ。
こちらもちょい塩辛めだったので、ビール飲めればもっとよかったな。
太め&硬め&つるつるでうまい。この麺なら、つけ麺もいけそう。今度、試そう。
冷やし中華メニューは、5種類。
この夏も楽しめそうだ。

■喜楽
〒272-0141 千葉県市川市香取2丁目18−9
11:00~14:00
17:00~21:00
定休日:木曜日
※行徳駅からよりも、南行徳駅のほうがちょっとだけ近い。

2017年5月16日火曜日

「ワケあり!!レッドゾーン」に、マグロ副長が出演しました。

4/22 読売テレビ、4/27 日本テレビで放送された「ワケあり!!レッドゾーン」。
『下町にある中華料理屋さんを溺愛する男』と題して、マグロ副長が出演しました。
その模様が、TVerでご覧いただけます。

PCからは
http://tver.jp/feature/f0010471/
スマホ、タブレットからは無料のTVerアプリでご覧になれます。

※2017年6月5日 9:59までの公開です。

2017年5月2日火曜日

長崎飯店@高田馬場























本日は高田馬場アタック。
久々の参戦だ。
参加者は
マグロさん、半澤さん、山出さん、西田さん、西谷さん、めいさんと私の7名。

早稲田方面までいけばけっこうあるのだけど、馬場は少なめな印象だった。
そんな中、ビルの地下にこちらの長崎飯店を発見。
かなり長崎感あふれる内外観で、皿うどんは硬軟、合盛りからのチョイスが可能。
ボリュームも満点。

真昼間の忙しい時間に7人という大所帯で行ったにもかかわらず、
円卓に座れるというラッキーな日だった。
うっかり奥の真ん中に座ってしまい
みんなの円卓を囲む姿は撮れず。

その変わり宴会の後の様子をどうぞ。

2017年4月27日木曜日

薄利多売にもほどがあるぞ……@「美叙飯店」in鶯谷

ハイジです。
昨日4月26日のMCTは、マグロ副隊長の引率で鶯谷アタックです。
メンバーは、やまでさんと私。森下に引き続き、3匹のおっさんです。
鶯谷駅北口に集合した3匹は、駅前の「大弘軒」(写真失念)をチラ見しつつ、言問通り方面へ……。
信号を渡ると、すぐに「みやこ」。残念ながら定休日。
お、隣の食堂「はつね」も雰囲気あるな……。
「のみもの、酢のもの……韻をふんでるな」とやまでさん。
なかなか惹かれるお店。
前の歩道橋からのぞくと「世茂利奈」という喫茶店が見える。
やや、店が薄いぞ。こちらも気になる。
ながら読みを封じられた二宮金次郎氏。
薪を背負って本を読んでくれないと誰かわかんない。
マグロ副隊長曰く「バカ安」の店、「美叙飯店」。
「あなたの台所になりたい。」というコピーがささる。
「旨くて安い店 贅沢のスープ」の次は「+スピート」
うまい、やすい、ぱやい……じゃなくて、はやいということだろう。
ランチのセットが480円!この日は回鍋肉セット。
その他もおおむね500円くらい。確かにバカ安。
ふむふむ……ん?……えっ?
ニラレバに生ビールがついて590円!!?
「普通の店なら生ビール代だけで、ニラレバがタダということじゃないですか!」
と驚愕する私に「でしょ。安過ぎるよね」とマグロ副隊長。
その後は南口方面に歩いて「福来」へ。
「プロの店だ……」と私。
アマチュアの私では役不足な気配の雰囲気。
その後、近所の「岳陽」(写真失念)の前まで来て、
「今回は3人で手分けしましょう」とマグロ副隊長。
全店制覇済のマグロさんは「岳陽」を選び、
やまでさんと私はじゃんけんで、「福来」と「美叙飯店」決め。
「勝ったほうがプロの店・福来にしましょう」と私が提案して、
せーの……ジャンケンポン!
というわけで、やまでさんが「福来」、私は少しホッとして「美叙飯店」へ。
おすすめのニラレバ炒めのビールセット590円に、
ライス150円を注文。
ニラレバは単品で350円、生ビールは390円なので、
150円も、お得。しばし待つと……
飲み放題っぽいジャスミン茶。
「お茶だって590円とるレストランあるんじゃねえの……」
と思わずゴチる私。ビール待ちなので、お茶は飲まず。
先に到着した生ビールをグビッとやった途端に、
「はい。お待ちどうさま~」とニラレバ登場。待ってないよ!
さすが〝+スピート〟の店。ぱやい。
ニラレバ山盛りだ。レバーはほとんど炒めてないと思う。
恐らく油通しか湯通しして、サッとだけ炒め合わせた感じ。
しっとりして、豚レバーうまい。パサつき皆無。
卵スープもじんわり。ごはんは普通盛りでもたっぷし、ほかほか。
これで生ビールつきで、740円!
客も次々と入れ替わり、「美叙飯店」は繁盛飯店だ。
油流しは、言問通りの「コーラル」へ。
ディスプレイされたサンプルに味がある。
ナポリタン、ピラフ、ピザトーストらしきものの下段には、
フタをされて中身のわからないお重、ほうとうらしき煮込み麺。
なかなかカオスな感じだ。
最初に入店した私は、コーヒーフロート。
600円がひどく贅沢な気がするのは、美叙飯店効果だな。
マグロ副隊長、やまでさんも続いて入店。
やまでさんのクリームソーダも、贅沢品に目にうつる。
「コーラル」は、お姉さんの笑顔もやわらかく、居心地いい喫茶店だった。
お重の正体は、ランチのお弁当。
女性のお客さんが注文したのを盗み見ると、なかなかうまそう。
「美叙飯店みたいに安い店は、どうやって儲けをだすんだろうねえ……」とマグロさん。
確かに……。薄利多売だろうけど、ほどがあるぞ。
しかし、客にとってはうれしい店なのは間違いない。
途切れることなくワンサカ詰めかける客が、それを証明しているわけだ。

というわけで、鶯谷アタックは終了。その他、居酒屋、とんかつ、食堂と魅力的なお店がたくさんありました。私のように、いつも「信濃路」に直行してナポリタンを肴に熱燗飲んじゃうのはもったいないかもしれませんね。

「美叙飯店 」
03-3872-6270
11:20~14:30
17:00~22:30
ランチ営業、日曜営業