2017年1月28日土曜日

海屯@江戸川橋

1月18日・江戸川橋アタックその2


こんにちは、本橋です。
先日、江戸川橋を案内したのですが、
ブログアップをさぼっているうちに増山さんがアップしてくれたので、
今回は私が行った店をちろっと報告します。

参加したのは私に増山さん西田さんと、ワケアリメンバーの4人。
周辺の様子は増山さんが上げているので、
そちらを見ていただくとして、
ここでは私と西田さんが行った「海屯」を紹介します。

私はフリーランスで飯田橋が最寄りの出版社に机をもらっているんですが、
行き帰りは飯田橋駅を使わずに、江戸川橋駅を使うことが多いんです。
なんというか、でかいビルが立ち並ぶ飯田橋より、
小じんまりとした印刷工場が並ぶ江戸川橋のほうが、
気分的に落ち着くんですよね。

で、いつも通るたびに気になっていたのが、
こちらの「海屯」。



「とん足ラーメン」ですよ。
文字通りの看板メニューですよ。
すごい気になっていたのですが、
普段、立ち食いそばを食べるのに忙しいもんで、
いまだ未確認だったんですよ。
それで、今回のアタックを機会に、
確認してみようと思ったわけです。

いざ入りますと、
席はL字のカウンターのみ。
赤が基調の町中華らしい店内です。
お約束のテレビも、もちろんアリ。



そして壁に貼られたメニューを確認したんですが、
そこには「とん足ラーメン」の文字はなし。




別枠にあった、おつまみセットの中には豚足があるから、
豚足自体はあるはずなんだけど……。



50代後半と思しき店主さんに確認したところ、
豚足はあるけれど、とん足ラーメンなるメニューはやっていないとのこと。
表の看板は「看板屋が並べて書いちゃったんだよね」なんだそうで……。

それならばと単品で豚足を頼もうとしたんですが、
夜メニューのため、まだ仕込んでおらず。
う〜ん、謎は解けたけど、豚足を食べてみたかったな。

気を取り直して私は「五目焼きソバ(760円」を、
西田さんは「マーボーメン(680円)」を注文。




焼きそばは具材がたっぷりで、
ご飯のおかずになりそう。
けっこう量がありましたが、
いい塩梅の味つけで、
ペロッと食べられました。

1人でまわしているため、若干、時間はかかりましたが、
丁寧に調理しているのが印象的でしたね。
一品メニューを見る限り、
店主さんは町中華というより中華料理出身なのではないでしょうか。

あと、飲み物メニューにちゃんとそれぞれのアルコール度数が書いてあるあたり、
几帳面な性格なのかもしれません。
(日本酎は日本酒?)


今度は夜に飲みで来てみたいですね。
おつまみセットはなかなかお得だし、
なにより豚足が気になる!

海屯
東京都新宿区水道2-2
定休日:日月

1 件のコメント:

  1. 豚足好きですので、夜攻めるときはぜひご一緒させてください!

    返信削除