2017年2月10日金曜日

自由が丘で見つけた“おばちゃんの店”という暖簾のある『そねのや』さんでタンメンをいただいた

MCT活動であります。とはいえ、最近は集まりが悪く、広報吉岡と僕。自由が丘駅で待ち合わせ。

独特な雰囲気のある自由が丘駅前。 



昔ながらの町なので、道は細く、ごちゃごちゃしています。

吉華さん


餃子のノボリ。大連さん。


萬珍軒さん、店名はいいんだけど、どうしよう。


その先に、こんなお店を発見。


のれんに「おばちゃんの店」とありますねぇ。
中華料理 そねのや さん


サンプルケースもいい感じ。


サービスセットは肉団子。


で、入ってビックリ。
カウンターとテーブル席が3つほどあったかな。
テーブル席はすべておばちゃん、60~70歳くらい。
およそ、10人くらい。おばちゃん10人がいっせいにしゃべっているかんじ。
お店のホールも厨房もおばちゃんだ。
まさにおばちゃんの店。
メニューをみましょう。



僕はタンメン(塩味)、広報吉岡が日替わり定食。
肉団子だったね。
こんなものがあった。

イラストにはご主人らしい方が描かれている。
のれんは「中華そば」となっているし、
ひょっとすると、ここは未亡人中華なのかもしれない。
タンメン到着。
あっという間に出てきたかんじ。

箸袋がいいね。

野菜が丁寧に切られていて食べやすいぞ。
麺も適度な縮れでいい感じだ。


広報吉岡の肉団子到着。



広報吉岡、ご飯を残していたので、
いまひとつだったのか。
食べ終わる少し前に、客のおばちゃんたちが帰っていき、
突然、静寂が訪れた。
テレビは、テレビ朝日がかかっていた。



油流しはエクセルシオール。


■そねのや
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘2丁目15−16
11:30~14:00
定休日:日曜日、月曜日

食べログによれば、このお店、ランチのみの営業だそうだ。
なんだか気になる店だ。













0 件のコメント:

コメントを投稿