2017年2月22日水曜日

白窓のその向こう 『大興』@神保町

訪問日:2017年2月21日
  
何度か通りかかって気になっていた。
いわゆる赤い暖簾を出していないそのお店は、青いタイルと白い窓枠を構え、なんだか老舗純喫茶の風情があって。さすが神保町。
中はどうなっているんだろう、どんな料理が出るんだろう、どんな人がやってるんだろう…。

前に町中華探検隊でも来たことがあったが、その時は別のお店に入ったんだった。
ようやく今日、オトメ部の3人で来ることができたよ。

さぁ、小さな路地裏にひっそり佇む、その白窓の向こうへ。


へぇー、中はそこそこ広いんだ。なんだか思ってた感じと違った。
勝手なイメージで、中はスッキリと今風に改装されてるかと想像してたのだけど、
昔の喫茶店のような居酒屋のような、気取らないテーブルと椅子がたくさん並んでいた。
いわゆる中華料理屋の赤いビニールのテーブルや椅子などではなかったが、
町中華の”とりとめない日常”の活気がそこにあった。
 
お邪魔したのはお昼12時半過ぎ。お昼休みの人々でほぼ満員。
厨房には、女性が1人。
外をやりくりするのは、オジサマが1人。
とても忙しそうだ。
セルフでお水を汲むお客さん、麺を掻き込むお客さん、お会計をするお客さん、
その合間をくぐり注文を取るオジサン。
私たちは一番奥に座ったものの、なかなか注文できずタイミングを逃してしまった。

その隙に店内をグルリと見渡す。
客席と厨房を仕切る食器棚に、たくさんのグラスが並べられてる。
壁際には日本酒のボトルがたくさん。
夜は飲み屋になるんだろうな。ああ、イイね。
食器棚も今はないような作りで、昭和レトロなキブンが盛り上がる。
お昼のメニューは、定食が4種と、日替わり(麺と半チャーハンのセット)が1つ。
ようやくオジサンをつかまえて、オーダーした。

オトメ部としては、1人1品ずつの他に、壁メニューの『エビマヨ』も足したかったのだけど、「それは夜だけね」と断られた。
なので、ホワイトボードメニューから、A、B、日替わりで。
これがAの『麻婆茄子』。豆腐も選べる。
あえて茄子を選んだら、オジサンに「え? 茄子でいいの?」と拍子抜けされた。
あんまり茄子を頼む人はいないのかな…?
辛めでとろみ部分が多い。ゴハンに合うね。
こちらBの『賄いハンバーグ』。
”賄い”って言葉に惹かれるね!
しかも中華屋さんでハンバーグ!
分厚く大きなハンバーグで洋食屋のような味がしましたよ。
周りの人もたくさん頼んでいました。
これは人気出るでしょ!


こちら日替わりの『にらともやしのとろみそば + 半チャーハン』。
持ってくるときに「はい、チャンポンね」と言っていた。
はは〜ん、チャンポンのことでしたか。そういうことか。いや、いいんです。
無言で3人で目を合わせ頷く。

コレ、麺が太い。細いうどんくらい太い。
自家製麺っぽいっていうか、食べ応えあって美味しかったです。

さて、白窓の中は堪能したし、そろそろ出ますか。
お店を出ると、小さな白窓が半開きで、中からもうもう水蒸気が出ていた。
厨房につながるその窓は、いつも開けられていて思わず覗きたくなる。
覗くと、忙しく働くお姉さんがチラっと見えた。
なんだか平和だナ。
油がしみついたその白窓、いつまでも毎日開いていてほしいナ。

0 件のコメント:

コメントを投稿