2017年3月1日水曜日

上中里あたりで、道に迷って、素敵な町中華に遭遇

月刊Willという雑誌で『マグロが歩く』という連載をさせていただいているんだけど、今回は、落語『花見の仇討』の舞台である飛鳥山まで歩いた。

王子駅から帰宅するために歩いていると、上中里あたりで道に迷った。
で、遭遇したのがこちらの町中華。


悪い予感のかけらもない。


のれんには、『ますや』とある。


先客なし。
メニューは全体的に安い。


中華そばが400円。
中華そばをコール。
あ、ちょっと待って、中華大盛が450円だ。
そちらをお願いする。


このあと、この前の席に男性1人のお客さんがきた。
近隣の工務店系の方のようだった。


あっという間に到着。


やさしい鶏がらスープ
ナルト1枚、やチャーシュー2枚。
おいしい。ズルズルいけちゃう。


大盛りにしてよかった。って、思ったけど、
歩き始めると、やはりけっこう腹がきつい。



■ますや
〒114-0016 東京都北区上中里2丁目38−10

0 件のコメント:

コメントを投稿