2017年7月15日土曜日

美味小屋つづき@銚子・外川 入梅いわしで昼酒を飲む

ハイジです。
先日、紹介した銚子・外川の「美味小屋」を後日訪問しました。


旬を迎えた入梅のいわしを漁師さんにもらったので、
お母さんが煮てくれるとのこと。
 
 
「煮てから一晩おくと味が染みるんだけどね~」とおかあさん。
いやいや、サッと煮も身がふっくらしておいしいですから。
いわし煮を肴に チューハイ。
店内には先客の女性がふたりいて、タイ語らしい言葉で話しているので、
話しかけてみるとやはりタイ人だった。
「もう4年になるよー。お金かかるから、一度も帰ってないのー」
出稼ぎは大変だ。
 

この日はチャーハンをいただいた。
「野菜入れてもいい?」とおかあさん。
玉ねぎ、にんじん、ピーマン、しめじ入りのチャーハン。
中華鍋をカッカッカッとカッコよく振るのではなく、
静かにゆっくり炒めていたけど、ごはんも硬め、パラパラで実においしかった。
タイ人の女性組はふたりともラーメン。
「すいません。酢をください」といい、ラーメンに酢をたっぷり。
タイの食堂には、クルワンポンという4種類の調味料が必ずあって、
砂糖、粉唐辛子、プリックナンプラー(唐辛子入りのナンプラー)、
プリックナムソム (唐辛子入りの酢)で、麺料理も個人がアレンジして食べる。
彼女たちは常連とのことだったけど、
おかあさんは最初は丼を片付けるときに
ラーメンスープに酢がたくさん入っていて、びっくりしたそうだ。
彼女たちは、案外この酢入りラーメンの向こうに祖国をみているのかも。
 

ついつい、チューハイ3缶も飲んでしまった。
おいしかった……。

おかあさん、入梅いわしの煮つけ、ごちそうさまでした。
(チャーハン620円、チューハイ300円×3缶)
 
 美味小屋
千葉県銚子市外川町1-10855-5
11:30~17:00 不定休
※銚子電鉄・外川駅から徒歩7分ぐらい

0 件のコメント:

コメントを投稿