2019年7月10日水曜日

冷やし中華のスープ割りを初体験! これは旨い!

お茶の水大勝軒さんが、6月から冷やし中華をやっているというので、やってきました。

こちらが目印。
ありますね、冷やし中華。
階段をあがって、お店のなかへ。
券売機には冷やし中華の文字がない。お店の方に聞けば、「870円」の食券を買ってください、とのこと。で、食券を渡すときに冷やし中華と言えばいいそうです。


復刻された冷やし中華。


これで870円はお値打ち。かなりの量です。
ゴージャスですね。
スープ割ができるなんて、珍しい。




お茶の水,大勝軒
お茶の水,大勝軒
ジャンル:ラーメン店
アクセス:JR中央線お茶ノ水駅お茶ノ水橋出口 徒歩5分
都営新宿線小川町駅B7出口 徒歩3分
半蔵門・都営三田線神保町駅A7出口 徒歩4分
住所:〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-1-5 須田ビル2F(地図
周辺のお店のネット予約:
Ajiwai TOKYO 水道橋店のコース一覧
「和が家」のコース一覧
完全個室 海鮮居酒屋 わくら家秋葉原店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 神保町×ラーメン・麺料理
情報掲載日:2019年7月10日

2019年7月9日火曜日

食べてきました、生駒軒@浅草の冷やし中華

先日、町中華探検隊のみけらさんがこちらの冷やし中華がおいしいとおっしゃっていたので、食べに行ってきました!


たしかにおいしい。しかし、なんと、スープが胡麻ですねぇ。なんでなのか女将さんに聞いてみたら、もともと冷やし中華は醤油味だったそうです。「ある時、お客さんが『胡麻の冷やし中華はないの?』というので、やってみたんですよ。以来、うちの冷やし中華は胡麻になったんですよ」とのこと。
気になるのは、冷やし中華を始めるタイミング。去年は三社祭のときに出し始めたんだそうだが、今年はもう少しあとだったとか。ちなみに三社祭は5月第3週の金・土・日曜日。
毎年、お客さんから「冷やし中華まだ?」と言われながら、焦らすのもよくあるそうだ。しかし、始めた途端にそれまで暑かったの急に寒くなるということもあるそうだ。


生駒軒
ジャンル:中華料理
アクセス:東京メトロ銀座線浅草駅A4口 徒歩3分
住所:〒111-0034 東京都台東区雷門1-12-1(地図
周辺のお店のネット予約:
浅草 すし賢のコース一覧
瀬戸内鮮魚 個室居酒屋 湯島 神威のコース一覧
焼肉 やいち 2.Oのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 浅草×中華料理
情報掲載日:2019年7月9日